ブログ亭 豆たまご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

オリジナル小説  序文は下の記事から!


久しぶりにこのタグを使うwwwww

それじゃ、長くなった続きのほうを


こっちは、結構長いです、正直。


では、どうぞ






「まったく、なんでこう、暗がりに呼ぶかな?」

ドアを開け、中に入った少年は、あきれたようにつぶやいた。

ドアの向こうには、どこからどう見ても普通な部屋が広がっていた。

何の特徴もない、質素な部屋。

天上には蛍光灯がともり、少し大きめのテーブルがひとつと、椅子が4つ。

一人で暮らすには明らかに物が不足しているような場所だった。

「あら、あなた、ここは結構お気に入りって言ってなかったかしら?」

奥の椅子に座っていた女性が応えた。

今現在、この部屋には、少年と女性の二人しかいない。

「今はそういう気分じゃないだけかもな」

少年は、手に持った淡い緑のものをテーブルに置き、すぐ手前にあった椅子に腰掛ける。

「で、今日は仕事の話?」

「そ、依頼よ」

「誰から?」

「とあるキャバクラのお姉さんからで~す」

「水商売の夜鷹か」

「あら、体は売ってないわよ?」

ちなみに、水商売とは居酒屋のことで、夜鷹とは娼婦のことである。

「それにしても夜鷹なんて言葉、よく知ってたわね」

女性が少し驚いたような表情をする。

「最近読んだ本に出てきてさ」

「好きねぇ、時代小説」

「面白いからな」

雑談になりかけた雰囲気を、少年が咳払いをして切り替える。

「で、どんな依頼?」

女性は少し怪しげに微笑んだ。

「殺しよ」

「へぇ」

少年も、少し笑ったように見えた。

「で、誰を斬ればいいの?」

「まあ、そう焦らないの」

女性はそう制しながら、手元の資料を手渡した。

少年は受け取り、読み上げる。

「小田 将(こだ まさる) 58歳、男性。昭和27年5月29日生まれ」

「麻薬の密売を3回、殺人を2回、強盗を2回して、そのうち、強盗のほうで1回、捕まっているわね」

「だが証拠不十分で釈放、それ以降は消息不明、か。怪しいな」

「金で解決したみたいね。で、そいつが近いうちに、また麻薬の密売をするらしいの」

「そんな情報、どこから?」

不思議そうに聞く少年も、女性の顔を見てすぐにうなずいた。

「そう。裏の世界って、結構情報が早く回るのよ」

「とんだ情報化社会だな」

「表が情報化社会になるずっと前から、裏はこの状態よ」

女性は少し微笑んで、話を戻した。

「で、その密売会場、すなわちターゲットに選ばれたのが」

「依頼主のキャバクラ、か」

「正解」

女性がまた微笑んだ。

「賢い子で助かるわ」

「で、俺はどうすりゃいいの?」

「この次の週の初めには、その密売が行われるらしいの」

「そんじゃー、結構早めに仕留めなきゃな」

「でも、学校あるんじゃないの? 大丈夫?」

どうもこの少年、学生のようだ。

容姿から判断するに、高校生だろうか。

「ちょうど今週の金曜日は休みでさ。空いてるよ」

「そう、なら話が早いわね」

女性は少し身を乗り出した。

「金曜日の深夜12時を回ったときに、近くの誰もいないような場所におびき寄せるわ」

「場所は、決まってないのか?」

少年も、少し身を乗り出す。

「ええ。まだ下見に行ってなくて。ごめんなさいね」

女性がすまなそうに謝った。

「まあ、まだ今日は月曜日だし、気にしないでよ」

少年はすこし戸惑うように笑った。

「じゃ、場所は別の機会に伝えるわ」

「ああ、ありがとうな、ロナ」

女性は、ロナと呼ばれていた。

「それより蓮、あなた、少し疲れてるんじゃない?」

少年は、蓮と呼ばれていた。

「あ、やっぱ、そう見える?」

少年は、少し照れくさそうに、頭を掻いた。

「せっかくだから、この後、マッサージしてあげるわ」

「お、ありがたいね」

少年は席を立ち、淡い緑のものを手に取った。

女性も資料を持ち、席を立つ。

「それじゃ、行きましょうか」

二人は、部屋を出て、夜の街へと消えていった。



                                 to be continue......



ふぅ

まず一言


読んでくださった読者の方々

お疲れ様でした。
読みづらくてすいません。


それじゃまたノシ


ヾ(・ω・)ノ゛ 次回更新もお楽しみに!!





    22:41 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
2010.11.25 Thu 09:41  |  ツイン氏 #-
久々に支援

ただ読みにくい
あとは今後次第だけど楽しみにしてる
  [URL] [Edit]
2010.11.25 Thu 21:18  |  じだそ #-
>>ツインちゃん

コメントありがとうございます!

読みにくかったですか…
やっぱ、改行の問題ですかね?

とりあえず、自分なりに解決策をとってみますので!(`・ω・)ゞビシッ


今後もよろしくでっす!ヾ(・ω・)ノ゛


コメ辺  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://albatross10232.blog60.fc2.com/tb.php/778-29efe09e
検索フォーム
ブロとも一覧
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
バロメーター
プロフィール

じだそ

Author:じだそ
亭主・じだそ

趣味・ゲーム、談話、麻雀

ドラム少し叩けてギターが少し弾ける
でも荒らしは叩けない

得意技・妄想

やっているオンラインゲーム・ブレイドクロニクル

三国志大戦3、指糸、SFCRをやっている
最近金欠でやってないけど…

来世でやりたいこと・剣と魔法の世界で活躍する

じだそ=厨二病である

最後に一言

好きな漢字は『究』です。

最新記事
最新コメント
リンク
NUCLEAR FUSION
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。