ブログ亭 豆たまご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

しょ、しょ、しょうせーつ。しょうしょうしょうしょうしょうせーつイエイ

どうも。明日から12月ですね。ジダン@じだんです。
相変わらず寒いですね~。凍死しちゃいそうです。
さて、明日から12月なわけですが、皆さんは何か思い当たることがありますか?
12月は、イベントがたくさんあります。
期末考査、解答解説日、終業式・・・・・
あ~めんどくせー
それ以外のイベントは、いや、それ以外のメインイベントは(上の三つはメインではなくサブです)・・・・・・
クリスマス(イブも含む)!
いや~。これは欠かせませんね。忘れちゃいけません。
そういえば、皆さんはクリスマスはどう過ごしますか?
僕は、そうですね~・・・・・。どこかしらぶらついてますね。のんびりとしたいですね。
彼女がいりゃ、こんなこともなかったんだろうに・・・・・・ハア
さて、それはおいといて、大好評執筆中の小説といきましょうか!なんかひそかに人気みたいだし。

森では、長剣を持った金髪の男と、髪の長い女性が、同じくらいの長さの杖を手に、戦っていた。
「光よ、矢となりて、敵を貫け!『ペネトレイト・レイ』!」
女性が杖を振ると、光が矢のようになり、男に向かって、ものすごいスピードで飛んでいく。
「剣よ、光を吸収し、力に変えよ!『アブソーブ・フォース』!」
光に向かって、剣を横から振る。光が二つに切り裂かれ、剣に吸い込まれていった。
「風よ、一瞬の刃となりて、万物を切り裂け!『ウィンディ・ブレード』!」
剣を大きく横に振る。すると、白い光の刃が、女性に襲いかかった。
「『リバウンド・シールド』」
杖を振ると、女性の前に、巨大な丸い盾が現れた。
光の刃は、盾に当たると、さらに大きくなって、男に向かって跳ね返された。
「くっ!」
男は何とか、攻撃をかわした。

ここまでのことを木の陰から見ていた俺は、言葉が出なかった。
「大丈夫か?失神したのか?」
何もなかったかのような、のほほんとした口調で、頭領が心配している。ぜんぜん心配しているようには聞こえないが・・・・・。
「ここは魔法の世界なんだ。魔法が使えるんだ。ここは魔法の・・・・・・」
俺はぶつぶつ口の中で同じことをつぶやく。
「ん?大丈夫か?」
頭領が自分の温かい前足を俺のおでこにつける。肉球が気持ちいい。
「いや、昔さ、おじいちゃんに教わったんだ。信じられないことがおきたら、その信じられないことを、ひたすら納得するまでつぶやくんだって」
「自己暗示ってやつか」
二人で同じことをつぶやいてみた。
「ここは魔法の世界だ。魔法が使えるんだ。ここは魔法の・・・・・・・・」
・・・・・・納得できねえ・・・・。
「そういや、お前の左手になんか落書きがあるぞ」
「ひょえ?」
俺は左手を見る。ホントだ。左手の甲になんだか奇妙な文字のような記号のようなものがくっきりと書かれている。なでてみたが、あまり取れる様子じゃない。ま、いいや。かっこいいし。
「きゃあ!」
視界の端で、女性が悲鳴とともに吹っ飛んだのが見えた。
俺の脚が動き、一瞬で女性の場所に跳ぶ。
木にぶつかる前に、何とか抱きとめられた。ナイスキャッチ。
「さすがだな」
追いついてきた頭領が当然というような顔で聞いてくる。
「お前らに散々鍛えられたんだ。生半可な気持ちでやっていたわけじゃないんでね」
にやりと笑う。
「おい!そこの坊主と猫!誰だか知らないが、その女の仲間か?」
男が剣を手にもち、歩み寄ってくる。
「仲間じゃないなら、その女を捨てて、ここから去れ」
なんていう口の利き方だ。礼儀ってものがないのか。
「嫌だ」
「は?」
男のあざ笑うような返答。
「何の理由があったのか知らないけど、女性を痛めつけているの男を見逃すっていうのは、さすがに、ね」
俺は怖くなかった。逆に、余裕があって笑みがこぼれそうだった。
「ほう。立派なガキだ。痛い目に遭わないと、懲りないようだな」
剣を構え、戦闘態勢にはいる。
「死んでもらおうか」
「おい、大丈夫なのか?」
頭領の、ぜんぜん心配そうじゃない声。「お前は死んでも、俺は逃げるからな」という気持ちがこめられている気がした。なんて薄情な奴なんだ・・・・・。
「心配すんな。策はある」
女性を木に横たわらせ、杖を手に取る。少し、お借りしますよ。
そして、戦いが始まった。
                                      続く・・・・・。
どうでしたか?ちょっと長くなってしまいましたが、全部読んでくれたら、とてもうれしいです。
※緊急告知※
そろそろ期末テストが近いため、ブログの更新を一時的にストップします。
12月14日ぐらいに、また、更新再開すると思います。
では、そのときまで。さようなら~
    19:20 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
Comment
2008.11.30 Sun 19:42  |  趙雲 #-
続きが楽しみです
期末考査頑張ってください

実際どうでもいい
  [URL] [Edit]
2008.11.30 Sun 20:17  |  茄子男 #-
メインイベントに宴会と年末パーティーを忘れてるぞよ
  [URL] [Edit]
2008.11.30 Sun 22:49  |  ツイン氏 #-
うはー

やべぇw
楽しみすぎるww
更新が待ち遠しい。

疑問、と頭領の目って何色なんだろう。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://albatross10232.blog60.fc2.com/tb.php/105-9b59ef78
検索フォーム
ブロとも一覧
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
バロメーター
プロフィール

じだそ

Author:じだそ
亭主・じだそ

趣味・ゲーム、談話、麻雀

ドラム少し叩けてギターが少し弾ける
でも荒らしは叩けない

得意技・妄想

やっているオンラインゲーム・ブレイドクロニクル

三国志大戦3、指糸、SFCRをやっている
最近金欠でやってないけど…

来世でやりたいこと・剣と魔法の世界で活躍する

じだそ=厨二病である

最後に一言

好きな漢字は『究』です。

最新記事
最新コメント
リンク
NUCLEAR FUSION
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。