ブログ亭 豆たまご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

レヴィアタンはロックマンZにでてくるだけでいいと思うんだ。

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日はバンドメンバーと御茶ノ水へ行ってきました」

じ「ちなみにバンド名はずいぶん前に決まりました」

ジ「ALA-ALBAだそうです」

じ「アラ-アルバと読むんだそうです」

ジ「えっと・・・・・・何語だっけ?」

じ「サンスクリット語?」

ジ「そんなはずはない」

じ「ま、とりあえず、御茶ノ水行ったわけですよ!」

ジ「ピックかって楽譜探してマックでゲームしてカラオケ行ったわけですよ!」

じ「※注:マックで皆がゲームをしている間、管理人は一人むなしく動画を見てました」

ジ「セリフが頭に残るくらい見たらしいね」

じ「で、いつもどおり、というか恒例のカラオケ館へ」

ジ「自重しましたとも!」

じ「いままでのあらすじを歌ってみんなにひかれたのは秘密だ!

ジ「サザンクロスを結構歌えるようになってきました」

じ「今度は試験後にいくと思います」

ジ「それではみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」















うぃーっす。じだそだよ~ん。
喉壊れなかったけど、帰りの大雨のせいでいろいろ大変だったんだ。
親迎えにきたら「傘差して家まで帰りなさい」だって。
傘差して自転車こぐと風圧で終わりそうになった。
だから傘をたたんで右手で柄を持ち、勇敢にも雨の中を全力疾走。

降り注ぐ水の矢
右手に持つのは一振りの刃
自慢の騎馬を奮い立たせ、男は道を突き進む
彼の味方は、風だ
男は胸のうちでこう願った
「風よ。永遠の盾となりて、俺に降り注ぐ全ての災厄を弾き飛ばせ!」
風は男の耳元で唸り、降り注ぐ矢を弾き飛ばす
そして、男は、風をまとい、自分の道を突き進んだ・・・・・・・

じゃ、時間ないのでノシ
スポンサーサイト
    22:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

「道がないから」?そんな理由であきらめるなよ。道がないなら作るまで、だろ?

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「ブログは放置してたわけじゃないもん!」

じ「ストライク○ィッチーズ的な意味で」

ジ「さてさて、明日はバンドメンバーズと御茶ノ水へ行きます」

じ「硬いピック買わなくちゃいけないんで、よかったです」

ジ「実は昨日のギター教室の前にピックを買ったけど走ってる途中で落としたのは秘密だ

じ「で、カラオケにも行くみたいです」

ジ「自重しないとね」

じ「点数重視かな?」

ジ「あんまり書くことないんで、明日がんばって書きます!」

じ「それではみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」















記事の内容が薄いのは俺に翼が生えていないから。
うぃーっす!じだそだよ~。
けいおん!の番外編見てないんだ~。明日帰ってきたら見るつもり。
ではではノシ
    21:11 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

まっちょりんご

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「暑い日が続きますね」

じ「蒸してますね」

ジ「梅雨ですね」

じ「雨が降ったりやんだりですね」

ジ「湿度ハンパないですね」

じ「うまい棒おいしいね」

ジ「ネタ、ないね」

じ「いまさら何を」

ジ「致命的だよな」

じ「心配するな。いつものことだ」

ジ「それもそうだな」

じ「じゃ、このへんで」

ジ「早すぎるだろ!」

じ「え、じゃあ、現状報告?」

ジ「明日は~」

じ「部活」

ジ「&文化祭のゲート作り」

じ「文化祭、みんな来てね!」

ジ「来年には校内ステージで演奏するからね!」

じ「そんくらい?」

ジ「うん」

じ「記事の内容が薄くなるな」

ジ「それはまるで髪のk(ry」

じ「それ以上言うな!禁句だ!NGだ!」

ジ「危なかった、口が滑りかけたぜ」

じ「そんじゃ、今日はこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」














日に日に記事の内容が薄くなってるのは仕様。
ども。じだそっす。
ツイン氏がブログランキングに力を入れ始めた様子。
個人的なことを言うと、ブログランキングに力を入れるのは、夏休みや冬休みのような、長期休暇が一番いいと思っています。
なぜなら、夏休みなどは、家をでる人もいれば、引きこもってPCと見つめあう人もいるはず。
そういうときこそ、客のつかみ時。知り合い、友達、チャッ友やサークル仲間に声をかけて、いろんな人に自分のブログやサイト、ホームページを紹介すれば、閲覧者が増えるはずです。
現に、春休みにブログランキングに力を入れたら、結構いいところまで行きました。
偶然がこの理論を生んだのでしょう。
と、長々と説明を展開しましたが、分かりやすかったかな?
説明べたのじだその書いた説明文です。分かりにくくても理解してやってください。
それではノシ
    20:00 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

隣の客はよく柿食う客だと見せかけたんこぶり大根

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「最近麻雀負けまくってます」

じ「でも、好きだから気にしません」

ジ「今日は少しイライラ感も取れましたが」

じ「まだ完全に抜けるまでは時間がかかりそうです」

ジ「ま、そんなこんなで生と死のぎりぎりのラインを爆走しています」

じ「道草食ったらジ・エンドだな」

ジ「あんな誘惑やこんな誘惑が」

じ「あー!そこ曲がるな!まっすぐ行け!」

ジ「で、今日は家にあったこんなものを紹介」

ニコニコ×うまい棒

じ「メンタイ味のうまい棒ニコニコ動画ver.です」

ジ「メシウマ状態ωとか書いてありました」

じ「おいしかったです」

ジ「味はかわらんだろ」

じ「ニコニコ風味」

ジ「さて、そんなものはおいといて」

じ「おい!」

ジ「ん?」

じ「スルーすんな、綺麗に聞き流すな!」

ジ「アレにどう突っ込めばいいんだよ」

じ「どういう意味だよ!」

ジ「そのまんまだよ、ワトソソ君」

じ「人違いだよ。しかもワトソソじゃなくてワトソンだ」

ジ「あ!」

じ「ん?」

ジ「布団が!」

じ「は?」

ジ「吹っ飛ばなかった!」

じ「・・・・・・・・」

ジ「どうよ!」

じ「どうよ!、じゃねえよ!なにビシッと親指突き立ててるんだよ!」

ジ「ウケただろ?」

じ「ウケねえよ!何をどう間違えたらウケるんだよ!」

ジ「ユーモアないな、お前」

じ「お前のくだらなさにあきれてるだけだ!」

ジ「せめて、作り笑いで面白いっていえよ!」

じ「同情させんなら金返せ!」

ジ「今日は暑かったね~」

じ「話題が普通になった!」

ジ「明日は大雨だって」

じ「へ、へぇ~」

ジ「午後からやむらしいけどね」

じ「ふ~ん」

ジ「はい」

じ「ん?何だその手は?」

ジ「情報料」

じ「帰れ!」

ジ「請求するぞ!」

じ「訴えてやる!」

ジ「架空請求するぞ!」

じ「あきらかに犯罪じゃねえか!」

ジ「夜道で刺すぞ!」

じ「さりげなく脅すな!」

ジ「救急車呼ぶぞ!」

じ「死ぬまで呼んでろ!」

ジ「おまえん家の冷蔵庫あさるぞ!」

じ「くんな!不法侵入だ!」

ジ「上野から大宮まで線路の上走るぞ!」

じ「どこのきちがいだ!規模がでかいわ!」

ジ「それではみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」















ども。暑さにも負けないじだそです。
・・・・・・・言葉の暴力には弱いじだそです。
最近、こんなこと思いました。
「あ・・・・・・俺・・・・・・ギター前よりできてる」
当たり前ですねwww
あんまここ書くことないんだねwww
それではノシ
    21:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

のほほん漂流記~時代に乗り遅れた者たちの休息~

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日は補習でした」

じ「何とか終わらせました」

ジ「先生方も字が嫌いなのですね」

じ「赤ペンでいっぱい書いたらすぐにOKもらえました」

ジ「もともと字を書くのは好きだったので、ぶっちゃけラッキーでしたね」

じ「ちなみに数学の補習です」

ジ「なんだかんだでもうすぐ期末です」

じ「正直、やばいです」

ジ「ストレスもたまりつつあります」

じ「どうやって解消したらいいのか」

ジ「優しい性格ゆえに、人を殴れません」

じ「かといってカラオケには試験前なのであんまりいける気配がしません」

ジ「まだ一週間前ではありませんが、なんだか危ない気がする」

じ「ギターも練習しなくちゃいけないし」

ジ「いろいろ追われています」

じ「だから、なんかすぐにカチンと来るので」

ジ「知らぬ間に殴っていた!なんてことはありえなくもない」

じ「一方そのころIエイチNは」

ジ「ハヤテのごとくが好きで、漫画を借りて読んでいました」

じ「・・・・・・・・・・平和でいいな」

ジ「平和が一番だね」

じ「それを壊すやつらが何人いることか!」

ジ「気のせいかもしれないが川の向こうで誰かが呼んでる気がするよ」

じ「あ、本当だ。お迎えかな」

ジ「渡るべきかな?」

じ「悔いがないなら、どうぞ」

ジ「あ、橋かかってないからいいや」

じ「単純すぎる理由で生き返りやがった!」

ジ「だって、泳ぐわけに行かないし」

じ「・・・・・・・長生きするよ」

ジ「ありがとう」

じ「それではみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」



















ども。今の俺なら死ねる(君のためなら死ねる見たいな言い方で)で有名なじだそです。
死んだら楽しいところへいける。そう思うと死ぬのが怖くないでしょ?
寿命がきそうになったらそう考えようと思います。
さ、こんなことを考えている時点で俺のストレスのたまり具合が分かったかな?
う~んとね、東京ドーム六百個分!ww
笑えねーよwwwリアルに死にてーよwww
死ぬときに、こう言ってみたい。
「悔いは、ない・・・・」
※注:三国志大戦3のトウガイの撤退するときの言葉です。
ま、せめて孫が結婚するまで生きていたいですねwww
じゃそういうことでノシ
    21:37 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

俺の妖夢返せこのやろう!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「お久しぶりですね」

じ「更新途絶えましたからね」

ジ「忙しかったからね」

じ「さて、では過去のことはすっ飛ばして今日起きたこと!」

ジ「茄子男&戦国っちとラウンド①へ」

じ「久々に音ゲーをしました」

ジ「ギターとかマジアカとか」

じ「で、今度はアップルへ」

ジ「三国志でボロ負けして、下のUFOキャッチャーへ」

じ「すると!なんと!」

ジ「妖夢のメモ帳ケース発見!」

じ「戦国っちと一緒にがんばって取っていましたが」

ジ「妖夢と、隣にあった咲夜さんがどっちも戦国っちに持ってかれました」

ジ&じ「俺の妖夢返せこのやろうーー!」

じ「じだそは今、ものすごく怒ってます」

ジ「しかたないから写真上げてやるよ!」

咲夜さん 取られた

妖夢 返せこのやろう!

じ「刻んでやる・・・・・・・・」

ジ「あいつは絶対刻んで殺してばらしてもう一回殺してやらあ!!!!!!」

じ「・・・・・・あいつが・・・・・・・あいつがいけないんだ・・・・・!!!」

ジ「俺の妖夢をあいつが奪ったからぁぁああああああああああ!!!!」

じ「・・・・・・・・・と、怒りを爆発させるのはこんくらいにしてやろう」

ジ「ま、結局茄子男んちでのんびりして、帰ってからけいおん!最終回をのんびり閲覧」

じ「鳥肌総立ちでした」

ジ「唯いいわぁ~」

じ「ムギいいわぁ~」

ジ「律はいつでも最高だわ~」

じ「澪いいわ~」

ジ「あずにゃんサイコーすぎるって」

じ「感動しまくりでした」

ジ「言葉じゃ表せない感動でした」

じ「番外編楽しみだな~」

ジ「でも・・・・・・・夏ってあんま面白そうなのないんだよな」

じ「秋は生徒会長の一存やるからね!」

ジ「秋だな」

じ「秋だね」

ジ「へ!夏なんて男だけじゃむさくるしいだけさ!」

じ「男だけで市営プール、男だけで部屋でゲーム、男だけ・・・・・・」

ジ「それ以上いっちゃダメだ!」

じ「乙!な日々が待ってるだろうね」

ジ「なんとかなるさ~」

じ「なるかねえ」

ジ「それでは、これからもがんばって更新しますので、どうぞブログ亭 豆たまごをよろしく!」

じ「それではでは~」

ジ&じ「ばいにゅ~」





















あー、自重ーできてないー。
ども。困難にも負けずに元気なじだそんです。
へ!妖夢は俺の嫁だぁ!
と、少しどころか完全に自重できてないじだそになっちゃいました。
ふう、とりあえず麻雀したいな~。
てことでノシ
    19:49 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

な・・・・・・なんだって!

さりげなく今日はブログ開設300日でしたwww
りちゃあどに言われるまで気づかなかったぜwwwww
とりあえず、恒例の・・・・・・・。










ブログ  開設300日!!!
開設一年まであと六十五日だ!




てわけでノシ
    21:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

あー、題名考えてたけど忘れちったぁ~

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「最近更新が不定期になりつつあります」

じ「理由は前に書いたとおり」

ジ「いやー。YOUはいいね」

じ「アレか」

ジ「あれっす」

じ「あんまり広めるなって言われたアレか」

ジ「まあ、人には考えがあるだろうね」

じ「で、昨日は、ずいぶん前に記事に書いた上画面が壊れたmyDSの上画面が」

ジ「復活しかけました!」

じ「今日見たらまた真っ白になってました」

ジ「(´・ω・`)」

じ「ドンマイだね」

ジ「最近ドラゴンクエストキャラバンハートにはまりました」

じ「リップスがドラゴン系ってどういうことだ!」

ジ「とりあえず、十二レベと十レベのやつで中ボスを倒しに行ったら」

じ「見事に全滅したので」

ジ「その二人を配合・・・・・・ではなく転生して、九レベの精鋭に育て上げ、玉砕覚悟で突っ込んだら」

じ「倒しちゃいました、中ボス」

ジ「精鋭部隊強っ!」

じ「と、そんな感じです」

ジ「ざっとまとめたらこんな感じです」

じ「それと、きるるんのススメで天鳳をはじめました」

ジ「サイコーです。革命が起きました」

じ「後のじだそ麻雀革命である」

ジ「サンマもはまりました」

じ「後の雀荘サンマ革命の発端である」

ジ「そんなつまらんボケは置いといて」

じ「ひでぇ!」

ジ「けいおん!がもうすぐ終わっちゃいますね」

じ「一番経済にいい影響をもたらしてるアニメだよな」

ジ「澪のヘッドフォンは売れるし、唯ギターも売れてるだろうし、りっちゃんシャーペンも売ってるそうですし」

じ「第二期確定かな?」

ジ「やんなかったら全世界のファンが暴動起こすぞ」

じ「その中に管理人の姿が!」

ジ「想像しやすいぜ!」

じ「分かりやすくて困ったな」

ジ「ま、番外編もやるそうだし、しっかりと見届けようじゃありませんか!」

じ「てわけでみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」


じ「そういやキャラソンも出るんだよな」

ジ「あ、そうだね」

じ「何枚売れるかな?」

ジ「ミリオンいきそうだね」

じ「ファンって怖いね」

ジ「いまさら何を」



















どーも。myDSでの名前がペスカトーレだったじだそです。
キャラバンハートはまりましたわ~ww
いわとびあくま強いし!ドロヌーバ強いし!
・・・・・・スライム弱いけどww
じゃ、麻雀やらなきゃいけないんでノシ
あ、それと、今週の日曜日に茄子男と遊ぶと思うんで、珍しく音ゲーやりますw
それでわでわノシ
    19:45 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

のwwwどwwwぶwwwっwwwこwwっわwwwしwww

ジ「ども。更新できませんでした。ジダンです」

じ「諸事情により更新ができませんでした。じだんです」

ジ「まず、ここで一つ定義づけを」

じ「PCを触っていない=ブログが更新できない」

ジ「つまり、こうも言い換えれます」

じ「ブログを更新できない=PCを触っていない」

ジ「何がいいたいのかというと」

じ「忙しくてPCが触れなかったからブログ更新できなかったんですよ」

ジ「と、昨日の記事で書こうと思ったのですが」

じ「昨日は書いている途中で姉にPCを占領されたのでこの記事が更新できませんでした」

ジ「姉が死ねば俺には最高の平和が訪れるはずですね」

じ「さて、それでは昨日書いていたものの続きからどうぞ」

ジ「じゃ、アレから何が起きたか」

じ「六月十一日木曜日」

ジ「部活が後半なのでブログ更新はできませんでした」

じ「六月十二日金曜日」

ジ「はじめての正式なギターレッスン!」

じ「楽しかったです」

ジ「帰りが遅かったので、更新は不可能」

じ「そして!昨日!」

ジ「タツッチ&コスコスでカラオケへGO!!!」

じ「途中でまさかの喉ぶっ壊し」

ジ「絶叫!『もってけ!セーラー服』を歌ってしまい、喉が一時間出場停止」

じ「その間は回復に努めると同時にハレ晴れなどの踊りに専念」

ジ「なんやかんやで喉復活祝いに天体観測を熱唱したりしました」

じ「で、ハレ晴れで閉めてお開き~」

ジ「こんな流れでした」

じ「途中でアレを入れたのが運の尽きでした」

ジ「てなわけでまたいろんな知られざる名曲を見つけてしまいました」

じ「URLですがうpします!」

YOU(SHUFFLEのOP)

ブラック★ロックシューター

いままでのあらすじ

Lost my music

ジ「個人的にはYOUが一番好きかもしれません」

じ「最後のとこが一番好きだな~。YOUは」

ジ「Lost my musicをみて改めてハルヒのよさが分かりました」

じ「いままでのあらすじではうけました」

ジ「ブラック★ロックシューターは昔から知っていたんですが、リズムしか知らなかったんで」

じ「これで一気にレパートリーが増えるぜ!」

ジ「それと豆知識」

じ「普通、エロゲーソングはカラオケの曲には入っていないはずですが」

ジ「11eye'sは例外だったのか、入ってました」

じ「PC版のOPが」

ジ「ルナティックなんちゃらとかいうのが」

じ「他のも入れてほしいですね」

ジ「きしめんとかきしめんとか回れとかきしめんとか・・・・・・」

じ「とりあえず全部聞いてみてね!」

ジ「さて・・・・・・最近誰かを忘れている気がしないかい?」

じ「分かっているよ、ワトソン君」

ジ「・・・・・・・IエイチNが、記事に出てきてないよな」

じ「・・・・・・ああ、さびしいとは思ってた」

ジ「紙面チャットはやってないんだってさ」

じ「復活する機会を見計らって復活させるそうだよ」

ジ「紙面チャットを?」

じ「いや・・・・・・彼が記事に登場すること」

ジ「そうか・・・・・」

じ「ではではこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」



















記事が長いのは昨日の分と複合しているから。
今日はDSでゲームボーイアドバンスのゲームやってたぜwwww
どもども。缶詰ver.じだそんです。
いやいや、昨日更新できなかったのは悲しかったですね。
姉がいなくなることほど幸せなことはない。
いっそ、全員の記憶から消えてしまえば、楽になるよな。
じゃ、って・・・・・・・・・・・。
あーーーーーー!けいおん!みてねぇ!!
いそがねば!いそがねば!
てわけでノシ
    17:07 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

玉☆砕☆覚☆悟☆!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「いやぁ、なんだかんだでボイスブログも成功したし、よかったね」

じ「で、今日書くのは」

ジ「チャットにアリスさんが復活したんですよ」

じ「短歌を気に入ってくれたあの方です」

ジ「で、短歌をさっそく作ってほしいということで」

じ「ここで作っちゃいます」

ジ「テーマは・・・・・・なし!」

じ「うぉい!」

ジ「だってえ~短歌じだそしか書いてなかったんだもん」

じ「そうだったのか。じゃあ、作ってみるか」

ジ「う~ん、でも、どんなもんがいいかね」

じ「月、蝶、魂!これどうよ!」

ジ「東方じゃないんだから」

じ「BGMがそれだから仕方ないだろ!」

ジ「じゃ、そういう神秘的な感じにするか」











じ「できたみたいだね」

ジ「じゃ、お披露目しましょうか」


雨上がり 月に輝く 鈴蘭よ
                  時を忘れて 揺らぐ幻

じ「神秘的・・・・・・ですね」

ジ「鈴蘭・・・・・ねえ」

じ「もう一個いってみるか」

ジ「今度は明るめのいってみよう!」



降り注ぐ 光が与えた 心地よさ
                     空のあなたは 微笑むばかり

ジ「いまさらながら比喩表現がうまいよな」

じ「確かにな」

ジ「それじゃ、二個も作ったのでこれで」

じ「アリスさん、満足しましたか?」

ジ「感想待ってますだそうです」

じ「それではみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」















どうも。東方大好きじだそんです。やっぱ東方のBGMはいいね!
・・・・・・・・おかげで記事を書くスピードが遅くなったけどな!ww
なんやかんやで十五歳ですね、俺。
将来はお酒も飲まないし、煙草も吸わないもん!
そう、俺は心に誓った。
だから俺は家に帰ってきてまずはじめにキリンレモンの缶を開けるんだぁ!
と、いうわけでそうなるように努力します。
ではではノシ  
    21:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ぱーちーだ!

ジ「ハッピーバースデーじだそ!ども。ジダンです」

じ「ハッピーバースデーじだそ!ども。じだんです」

ジ「今日が誕生日ですね」

じ「正真正銘の誕生日ですね」

ジ「何時に生まれたかは知りませんけどね」

じ「で、今日は特にこれ以外にはないんですが」

ジ「ま、ちょっとした報告があるそうです」

じ「なにかね?」

ジ「さぁ?誕生日なのは彼だし」

じ「・・・・・・・・わかんねえ」

ジ「ま、後で分かるだろ」

じ「にしては歓迎されてないよな」

ジ「いや、百円もらったらしいぞ、友達から」

じ「意外と歓迎されてるね」

ジ「茄子男からは結構いい物をもらうとか」

じ「できればきるるんの書いた妖夢もほしいとかなんとか」

ジ「じゃ、俺らはこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」

















ハッピーバースデー俺!



    19:57 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top

東方の熱は・・・・・・・まだ冷めちゃいねえぜ!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「完全に弾けるようになりました。二十世紀少年のやつ」

じ「明日は誕生日です」

ジ「東方緋想天ほしいです。ムムムからもらおうかな?」

じ「PSP版とかないのかな?」

ジ「ちなみに明日は誕生日です」

じ「やっぱ自分用のノートPCがほしいです」

ジ「お金ためなきゃね」

じ「明日が誕生日です」

ジ「今日は、こんなことしました」

じ「題して・・・・・!」




亭主 じだその!

男の三分クッキング!!!

というわけで、今日はほぼずっと俺のターンです。

作るものは『シュガバタサンド』です。

まずは材料説明から。
男の三分クッキング 材料

材料は右から順に、食パン、ヨーグルトとかについている砂糖、バターです。

男の三分クッキング パン

男の三分クッキング 砂糖

男の三分クッキング バター

それでは作りましょう!
まずは、パンを一枚取り出します。

えい!
作り方 1

端っこが破れたのはNG
で、次に、バターをつけます。量はお好みで。

ぶちゃ!
作り方 2

塗ります。

ペタペタ
作り方 3

そして、砂糖をかけます。

ここでワンポイントアドバイス!
かけるときは、こぼさない程度に手を小刻みに震わせ、満遍なくかけましょう。かけすぎると、後でこぼれるので注意!

サラサラサラ・・・・・・・
作り方 4

はさみます。

パタン!
完成

完成です。

ちなみに中はこんな感じ。

ザクッ!
完成 断面図

案の定こぼれましたww

おいしくいただきましたとも!
で、使ったものをしまったり洗ったり。
ここまでやって三分!短い!
慣れれば楽ですね。俺の好きな料理に認定されました。
じゃ、俺はこれでノシ
ジ「うまそうだったな」

じ「確かに」

ジ「みなさんもぜひ作ってみてくださいな」

じ「それではみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」

    19:06 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

悪いが・・・・・・お前を長生きさせるつもりはないんでな。・・・・・・その罪、死んで償え・・・!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日は無料体験レッスンへ行ってきました」

じ「いつもどおり待ち合わせに遅れました」

ジ「で、とりあえず教室を見つけたのでマックで一服」

じ「その後にまた教室へ」

ジ「楽器屋がパルコの四階にあるというので、行きました」

じ「もちろん店員に捕まりましたww」

ジ「なんでもライブとかするみたいです」

じ「八月なんで見にいけるかな~?」

ジ「で、今度は、安いストラップがあったのですが、色が微妙なんでりちゃあどに選んでもらうことに」

じ「そしたら今度はそこでりちゃあどが店員に捕まりましたwww」

ジ「ツッツィーと一緒に笑ってました」

じ「で、時間が近いのでレッスン会場へ」

ジ「なんやかんやでレッスンスタート!」

じ「サイコーでした」

ジ「めっさ面白かったです」

じ「二十世紀少年のアレが弾けるようになりました」

ジ「レッスン終了後、またマックでお茶してから髪切って帰宅」

じ「その足で誕生日ぱーちーのレストランへ」

ジ「うまかった。ブラマンジェうまかった。てか全部うまかった」

じ「そんで、家帰ってきて、今日のレッスンの復習」

ジ「上手にできました~^^」

じ「ツインに教えようと動画を五回も撮りなおしましたが」

ジ「メールに添付できねえ!」

じ「添付できるようにサイズ変更しようとしましたが」

ジ「全部はいんねえ!」

じ「仕方ないんでパス」

ジ「で、今に至ります」

じ「明日は朝練あるんでこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」




















ども。お金と友情は大切に。じだそです。
僕ね、友達いないと死ぬんだww
いや、まじでwwww
さびしがりやなんだね、俺w
そういう面では友達に恵まれててうれしいです^^
ネッ友も、リア友も、いろんなところで友達がいてうれしいです^^
今日のレッスン楽しかったな~w
じゃ、今日はこれで。
ばいにゅ~ノシ
    21:43 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

その時、俺に衝撃が走った。

「君」と書いて「恋」と呼んで
「僕」と書いて「愛」と呼ぼう
そうすりゃ離れそうもないでしょ?
いつかそんな歌作るよ

野田 洋次郎 

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「さっそく名言ですね」

じ「ツインさんに教えてもらったサイトで見つけました」

ジ「かっけーな」

じ「そだね」

ジ「しかし、この名言を出すことから察するに、管理人は本格的に出会いを求めているのかね?」

じ「う~ん。ここだけじゃ判断しづらいな」

ジ「ま、そんなことはおいといて」

じ「あ、置いといていいんだ」

ジ「やっぱけいおん!はいいね!」

じ「確かに!」

ジ「今度カラオケ行くんだよね!」

じ「きいてねえよ!」

ジ「男三人で行くんだよね!」

じ「へー!」

ジ「タツッチとコッスーと行くんだよね!」

じ「おお!」

ジ「でもタツッチ英検受けるんだよね!」

じ「そうなんだ!」

ジ「だからいけないかもしれないんだよね!」

じ「ええええ!」

ジ「タツッチ無双ができなくなっちゃうね」

じ「彼がいると最強な管理人が」

ジ「最近行ってなかったからね。タツッチと」

じ「なんとかなるっしょ!」

ジ「ま、どうなるかは神のみぞ知る!」

じ「にしてもけいおん!の翼をくださいはいいな」

ジ「けいおん!ならではだよな」

じ「こんなアレンジできるようになるかな?」

ジ「努力すれば誰でもできるさ」

じ「そだな」

ジ&じ「努力の先に結果が見えないなら、それは努力があと少し足りなかっただけのこと。
もし、それ以上努力してできなかったら、向いてないんだとあきらめればいい。
だけど、努力してできなかったことなんて、一つもないんだよ
努力したなら、吹っ切れて最後まで努力しちゃえよ!」

ジ「決まったぁ!」

じ「っしゃぁ!」

ジ「無性に達成感」

じ「感動で鳥肌が・・・・・」

ジ「うわ!じだんがイカになってる!」

じ「俺今鳥肌っていったよな!?」

ジ「あ、よく見たら鯨だ」

じ「ぜんぜんちげー!しかもわらえねー!」

ジ「じゃ、今日はこれにて」

ジ&じ「ばいにゅ~」



















どーも。けいおん!が大好きです。じだそです。
けいおん!ファンで何が悪い!りつが好きで何が悪い!和が好きで何が悪い!憂が好きで何が悪い!あずにゃんが好きで何が悪い!むぎをかわいいと思って何が悪い!唯が好きで何が悪い!澪をかわいいと思って何が悪い!

けいおん!が大好きで何が悪い!!!

ぜんぜん悪くありませんねwww
こんなことを書きながらシドの嘘を聴いてるんですがwwww
やべーってwwwww鳥肌モンだよwwww
かっこいいっす。歌詞が最高です。
じゃ、今日はこの辺で。
ばいにゅ~
    21:00 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

残 念 だ っ た な !

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「ついさっきいいMADを見てきました」

じ「かっこよかった。鳥肌モンだった」

ジ「題名は・・・・・・・・・なんだっけ?」

じ「確か・・・・・『第二次スーパーロボット大戦E』だったな」

ジ「今回もがんばりましたよ。うp主は」

じ「鳥肌総立ちだったね」

ジ「もとのゲームを知らないとまったく分からないものが多すぎて困ったけどな!」

じ「※管理人はほぼ全部知りませんでした。知っていたのは前作にでてきたもののみ」

ジ「それでも楽しめたんだからやっぱりうp主はすごいよ!」

じ「ぜひ見てください」

ジ「動画は・・・・・・・・重いのでその気になったら貼ります」

じ「あ、そういやなんやかんやでギターの弦が復活しました」

ジ「親父に買ってもらいました」

じ「で、店の人につけてもらいました」

ジ「今週の日曜日、ついにギターを習います」

じ「あくまで無料体験レッスンを受けに行くだけですが」

ジ「その際に、第二ギター、ツッツィーのギターを買うかもです」

じ「最近このブログで活躍中のIエイチNくん」

ジ「どうもクラッシックが大好きみたいで」

じ「『歌詞があるのは曲じゃない!』だそうです」

ジ「ベートーベンの喜びの歌はどうなんだろう?」

じ「アレは例外かな?」

ジ「じゃ、今日はこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」














どーも。左わき腹の苦痛をいまだに味わい続けているじだそです。
麻雀では一盃口が得意技のじだそです。
役満を出したことのないじだそです。
ブログの閲覧者が平均的なのには眼を細めてひそかに喜んでいるじだそです。
・・・・・・・さすがにもう言うのはやめようww
そろそろ誕生日です。
来週の昨日だけどそろそろです。
・・・・・・・。






    19:39 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

お前の命は・・・・・・・・そんなに軽いものじゃないだろ!?少なくとも俺は思わないさ!親友の命が軽いものなんて、思ったこともねえよ!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「六月に入りましたね」

じ「六月九日は管理人の誕生日です」

ジ「六月といったら梅雨ですね」

じ「六月九日は管理人の誕生日です」

ジ「最近雨が続きましたが、そろそろ晴れるんでしょうかね」

じ「六月九日は管理人の誕生日です」

ジ「分かったって」

じ「管理人が言えっていったんだよ!俺の自主的行動じゃないよ!」

ジ「分かってるって」

じ「イタイ子じゃないよ!」

ジ「言ってねえよ!」

じ「分かってるならいいや」

ジ「分かってないはずがないだろ!」

じ「ジダン・・・・・・」

ジ「分かってるのはお前が外部模試に強いことだけだ!」

じ「俺じゃねえ!人違いだ!」

ジ「怪物じだどんめ!」

じ「嫉妬してんの!?憎んでるの!?」

ジ「髪の毛むしってやる!」

じ「かかってこいよ、ゆで卵野郎!」

ジ「てめぇ・・・・・・・・・・・・・俺を怒らせたな!」

ジ「てりゃぁ!」

じ「ぐふぅ!」

ジ「はぁぁぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!!」

じ「うぎゃぎゃぎゃぎゃ!痛いって痛いって!」

ジ「もらったぁ!」

じ「うぐほぁ!!!」

じだんは空高く飛ばされた。

ジ「本気を見せてやるぜ!」

ジ「吠えろ!ウルフファング」

ジダンのこぶしは巨大な狼となってじだんを喰らう

じ「うがぁあああああああああ!!!」

ジ「だーれーがぁ!黒いほうのアブラムシかぁ!!!」

じ「二発め!?てかそんなこと言ってねえし!」

ジ「皆まとめて極刑だ!」

じ「強引だ!おい!スタッフ!逃げるな!そしてお前はあきらかに銃刀法違反の大鎌を持ってくるな!」

ジ「重機関軍刀グラム!フルバーストモード!」

じ「うわあ!なんかカッコイイのでてきた!」

ジ「いけえ!いけえ!」

じ「うが!ぐは!」

ジ「はああああああ!!!」

じ「うわあああああああ!・・・・・・・ってなんてことやらせるんだ!」

ジ「元ネタは『スーパーロボット大戦E』で検索だ!」

じ「元ねた知らなきゃぜんぜん分からないだろうな」

ジ「退魔は仕事ではない、戦争だ」

じ「へ?」

ジ「行くぞ!」

じ「来んな!」

ドガ!ベキ!バキドカボコ!

ジ「塵になれ!」

じ「うぐぁ!」

ジ「一気に勝負を決める!」

じ「ちょ、お前!その手に持ったトンファー型ナイフは何だ!明らかに凶器だろ!」

ジ「つりゃぁっ!!」

じ「・・・・・・・・・・!」

ジ「消え去れ!」

じ「うがあああああああああ!!!!」

ジ「僕は太陽の子!正義のPDF捜査官!星○き 緋○ろ!」

じ「まだやんのかよ!」

ジ「変・・・身!」

じ「気のせいか!?お前が二人いるんだが」

ジ「いっくぞー!!」

じ「くるn(殴」

ジ「震えるぞむねー!」

じ「(殴」

ジ「燃え尽きるほどあついー!!」

じ「(蹴」

ジ「刻むぞ流星のビート!」

じ「(殴(蹴」

ジ「緋○ろ流星けぇぇん!!」

じ「(殴(殴(殴(殴(殴(殴」

ジ「キミがっ!泣くまで!殴るのをやめない!」

ドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカドカ!!!

ジ「ブースト流星キィィィック!!!」

じ「(蹴」

ジ「悪・即・爆殺!!」

じ「・・・・・・・・・・・・!!!」

ジ「お前はもう、死んでいる」

ドガアアアアアアアアン!!!!!

じ「・・・・・・・・・・orz」

ジ「てなわけで皆さん」

ジ&orz「ばいにゅ~」



















元ネタが分かった人も、分からなかった人も、動画貼り付けとくんでよろしくbb
あー。送ったぜ。無料体験レッスンのメール。
三日以内に返信が来るそうなんで、待ってますわ~。
たのしみやね~。しっかり習わないとね~。
じゃノシ
    19:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
検索フォーム
ブロとも一覧
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
バロメーター
プロフィール

じだそ

Author:じだそ
亭主・じだそ

趣味・ゲーム、談話、麻雀

ドラム少し叩けてギターが少し弾ける
でも荒らしは叩けない

得意技・妄想

やっているオンラインゲーム・ブレイドクロニクル

三国志大戦3、指糸、SFCRをやっている
最近金欠でやってないけど…

来世でやりたいこと・剣と魔法の世界で活躍する

じだそ=厨二病である

最後に一言

好きな漢字は『究』です。

最新記事
最新コメント
リンク
NUCLEAR FUSION
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。