ブログ亭 豆たまご

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

最近なやかんやでまたエヴァにはまり始めたぜbb

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「明日は日曜日です」

じ「引きこもって作文やんなきゃね」

ジ「明日もニーtひきこもrのんびり過ごすんでしょうね」

じ「題名どおり新世紀エヴァンゲリオンにはまりました」

ジ「映画見なくては!」

じ「ローソンでキャンペーン中のクリアファイルはほぼ全種類そろえました」

ジ「写真は後日」

じ「いそいで麻雀をしなくてはいけない気がするのでこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」














棚の上からイーペーコー。どもども。じだそでしゅ。
なぜ女性は猫の格好をしてにゃあというとかわいいかだって?
猫にはメスが多いからさ!
・・・・・・・・生まれ変わるなら雄猫がいいな~wwww
最近、「いい曲ない?」って聞かれたので好きなアニソンとゲーソンを言いまくりました。
だってホントいい曲多いんですもの!嘘だと思うなら三月二十五日の記事をみてみなさい!
てわけでノシ
スポンサーサイト
    20:07 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

技の訂正及びに新しい技の思考

ジ「こんばっぱー。ジダンだよ~」

じ「こんばっぱー。じだんだよ~」

ジ「今日はゆっくりと記事をかけます」

じ「というわけでこの前書いた桃太郎伝説・改(妄想ver.)の技の訂正をしようということに」

ジ「まず、というか一つだけですが」

じ「『弐手金剛羅刹斬』を思い出したんで訂正しようと思います」

闇の鎖に縛られし 時の神の魂の骸よ

汝を縛る死と罰の鎖 今我が断ち切り その命に時を刻もう!

弐手金剛羅刹斬!!!

ジ「これが正しいものです」

じ「あの時は急いでいたので技を勝手に考えちゃってました」

ジ「技の読み方は『にしゅこんごうらせつざん』です」

じ「それじゃ今度は」

ジ「技の創作!」

じ「といっても何もアイディアないな」

ジ「剣系か拳系かにもよるよな」

じ「とりあえず剣系いってみよう!」

ジ「じゃあ、聖剣にするか悪剣にするか刀にするか」

じ「まずは聖剣でいってみるか」

光よ 万物を照らし出せ
邪を祓い 悪を退け 悪しきものに神々の制裁を!
邪退光神閃明切『春雷』!!!

ジ「読み方はじゃたいこうごうせんみょうせつ『しゅんらい』です」

じ「管理人は複雑な名前が大好きだな」

ジ「じゃ、悪剣いってみよう!」

闇に生きしものよ 今封印されし力を解き放て
地獄に眠りし邪龍よ 己の力を示せ
神を恨みし邪神よ 恨みのままに破壊の限りを尽くせ
悪を呼べ 破壊を楽しめ 地獄の苦しみを永遠の傷となせ!
獄滅羅傷破天塵『影喰』!!!

じ「読み方はごくめつらしょうはてんじん『かげくい』です」

ジ「またまたかっこいい漢字ばっかり並べちゃって」

じ「ま、こんなところかね」

ジ「結構がんばったと思う」

じ「二つしか作ってないね」

ジ「反省はしてない」

じ「しろよ!努力しろよ!」

ジ「というわけでみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」
















けいおん!のOPであずにゃんの出番が少ない件について少々怒りを覚えているじだそです。
あずにゃんはもうちょっと出番があってもいいと思うんだ。うん。
けいおん!の好きなキャラはうい、のどか、りつ、あずにゃん(本名忘れたwww)です。
めっちゃサブキャラ好きだなおれwwww
とか何とか言いながら唯も好きだったり澪もすきだったりむぎも嫌いじゃなかったりww
決めらんねえよちくしょう!wwwwww
てわけでノシ
    20:26 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

こんなところで・・・・・・・・・つまづいてる暇はねえんだ・・・・・・よ・・・・・・・。あいつとの約束は・・・・・まだ果たせてないんだ!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日は前置きをしてる暇がないので」

じ「さっそく画像をうp!」

ジ「結構有名なネギま!?という漫画」

じ「それにそっくりなお店があったそうです」

ジ「それの店が、これだ」

じ「1,2,

ファミマ!!

ジ「ファミマ!!」

じ「聞いたことある名前だな」

ジ「明らかに某コンビニエンスストアのパクリでしょ」

じ「ぜひ行って見たいね」

ジ「場所は後楽園の近くだとか何とか」

じ「それじゃ本題はいります」

ジ「今日、やりました」

じ「懲りずに、やりました」

ジ&じ「紙ww面wwチwwャwwッwwトww」

ここからは紙面チャットのターン
H:理科2だな~
じ:そうだね~
H:海水ってあんなふうに下がっていくんだね~
じ:教科書とずいぶん違うよな。
H:お前の面白さのグラフみたいだな
じ:下がるの!それも急激に下がるの!?しかも戻らないし!
H:最高が10%で12時ごろには0%になる。
じ:最高低っ!面白さの欠片も感じられなさそうだな。
H:もち
じ:んなわけあるか!
H:え~ 自分で自分が面白いと思ってんの~
じ:う、ま、まあ、面白くないとは思ってないが・・・・・・・・・・・。
H:はぁ~ そんなこと思ってっからおもしろくないんだよ~
じ:そういやα、β、γの次って何?
H:おもしろくねぇ~
じ:何を求めてるんだ貴様は!
H:おもしろさ~
ズキズキッ!じだそは精神的に100のダメージを受けた!
じ:くそ!これはイタイ!
じだそは息絶えた
じ:オレ、弱!
H:オレ、強!!
じ:べ、別におまえに負けたわけじゃないもん!
H:おもしろさ~おもしろさ~おもしろさ~
IエイチNは『おもしろさ』を三回唱えた
じだそはすでに死んでいる。
返事がない ただの屍のようだ
じ:・・・・・・・・・・・・・・・・・orz
H:IエイチNはザオラルを唱えた!
じ:失敗したwww
H:IエイチNはザオリクを唱えた!!
じ:というわけで二倍強の強さで生き返ったじだそんだぜ!
H:おもしろさ~おもしろさ~おもしろさ~
じ:まだ死なねえぜ!
残りHP 13/100
H:な、なに!!
じ:じだそはベホマを唱えた。しかしMPが足らない!
H:な、なに!!!
じ:じだそはショックのあまり息絶えた。
H:な、なにぃ~!!!!
じ:次回!プチョットモンスター!
『激闘!テポドンの罠』
H:おもしろくねぇ~
じ:ええええええ!
じだそは起き上がり尊敬のまなざしでこちらを見ている。
スカウトしますか?

       はい
     →いいえ
じ:明らかに消されたあとがある!
じだそはさびしそうに去っていった・・・・。
じ:同情しろよ!哀れんでやれよ!
H:IエイチNはかわいそうに思ったのであめをあげた。
じだそは喜んで去っていった。
じ:物によええ!
H:物つええ!!
じ:おれ物以下ですか!?
H:あっはっはっはっは~おもしろっ(笑)物以下とか・・(笑)
じ:おれピンチ!
あめは口の中で暴れた!!
じだその顔はひどいことになった!!
じだそは顔芸を繰り出した!!
IエイチNは大ダメージを受けた!!
残りHP 10/999
じ:うれしいようなうれしくないような。
H:ぐはぁ!!・・・
じ:素直に喜べねえ!
H:はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・
じ:大ダメージだ!もう一発するべきか!?
H:くっ・・・・・・ここまでか・・・・・・
じ:・・・・・・・・・・・・やっぱりやりたくねえ!
H:IエイチNはベホマを・・・
じ:させてたまるかあああ!くらえ!
『KAO☆GEI』
H:IエイチNはドン引きして逃げた!ズコズコズコ
じ:案の定逃げやがった!
IエイチNはベホマを唱えた ポラン!!
IエイチNのダメージはあまりにも大きく回復しなかった。
H:な、なにぃ!!!!
じ:敵ながらビックリだ・・・・・・。
H:もうだめだ。。。助けてくれ~
じ:・・・・・・・・・・・・・・何をしろと!?
H:この毒を解いてくれ~
じ:ど、毒消し草でもいかが?
H:もう一度あれを・・・・・・・
じ:・・・・・・・・・か、『KAO☆GEI』!
H:しょぅい~ん!!IエイチNは全回復した!!
IエイチNの『MADA・NTE』!!
じ:ぐ、ぐうあああ・・・・・・!
ってそんなんで死んでたまるか!
H:IエイチNはとどめをさした!!
IエイチNはじだそを倒した!!
経験値100000を手に入れた。
Lv1から99へあがった!!
「KAO☆GEI」を覚えた!!
IエイチNは自分の技に絶句した
IエイチNは息絶えた!!
H:いや~めでたしめでたしだな~
じ:結局オレもお前も死ぬの!?
H:あめだけが生き残るんだよね~
じ:あめ強!
H:オレら弱!!
じ:さりげなく四枚目突入です。
H:はぁ・・・・・疲れた・・・・・・というわけで
IエイチN ログアウト
じ:ここで!?
じだそ ログアウト
ジ「IエイチN曰く最高傑作」

じ「それじゃみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」





















はいはいはいはいいつもどおりいそがしなつかしじだそんです!
木曜日は帰ってくるの遅いんだよ!
だから更新する時間も取れないくらいなんだから!
じゃ、これでノシ
明日はゆっくり記事書くよ!
後今日はけいおん!だよ!
じゃノシ
    22:02 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

サイレント・シザース

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日は何回死のうと思ったことか」

じ「すべてはテストの性です」

ジ「テストって残酷だね」

じ「そうだね」

ジ「最近これといって変わったことはありません」

じ「あ、聞く曲が最終鬼畜になった」

ジ「まっがーれもよく聞くようになった」

じ「エロゲーソングはいいものばっかりだ」

ジ「ナーサリィライムって、童謡って意味だったね」

じ「今日店長にカウンターきめたなあ~」

ジ「らっだっだーしてますねぇ」

じ「ホント書くことありませんね」

ジ「ねーね!すごいんだよ!」

じ「なにが?」

ジ「あ、じゃあいいや」

じ「ええええ!気になるだろ!」

ジ「ヒミツっ☆」

じ「かわいくゆうな!かわいくないし!」

ジ「そんなにかっこよくないよ?」

じ「だからなにがだよ」

ジ「ズバーンでドガーンでバーンバーン!ってなってからズバブシューって」

じ「わかるか!効果音だけじゃないか!」

ジ「だからこそわかるんだろ!」

じ「んなはずあるかー!」

ジ「わかったよ。ちゃんと説明するって」

じ「はじめからそうしろって」

ジ「昔あるところにな、おじいさんとおばあさんが住んでてな」

じ「・・・・・・・ああ」

ジ「おじいさんがヤマに登ってる間に、おばあさんは洗濯を済ませようとしたんだよ」

じ「ほうほう」

ジ「川に行ったら、今度は大きな桃が流れてきて」

じ「うむ」

ジ「思わずおばあさんは手を伸ばして桃を取っちゃったんだよ」

じ「へ~」

ジ「ちなみにアマゾン川ね」

じ「おばあさん腕なが!」

ジ「桃は三センチくらい」

じ「桃ちっさ!よく見れたな」

ジ「で、桃を持ち帰って、お湯に三分漬け込む」

じ「インスタントラーメンか!」

ジ「そしたらおじいさんはホッキョクグマをハンティングして帰ってきたの」

じ「氷山行ってきたの!もはや日本じゃねえ!」

ジ「舞台はオーストラリア!」

じ「矛盾大量発生だーーーー!」

ジ「で、三分たったら、桃が膨らんで、中から百七十センチくらいの美男子が出てきて」

じ「展開速いな」

ジ「その家の家宝の刀を担いで鬼退治に行ったの」

じ「名前は?」

ジ「ルドルフ」

じ「かっけえ!」

ジ「海を越えて、山を越えて」

じ「きび団子は?」

ジ「道中で食べちゃった」

じ「いみねえ!」

ジ「で、まあ一人で城にたどり着くんだよ」

じ「そうだろうな」

ジ「で、門を開けようとしたときにでてきた鬼を瞬殺して、中に入るんだ」

じ「おお」

ジ「でね、相手もいっぱい出てくるんだよ」

じ「おうおう」

ここからはジダンのターン

ルドルフはいった。
「お前か・・・・・俺を桃に閉じ込めたのは!」
鬼のボスは笑いなら答えた。
「あそこの中から脱出するとは、なかなかだな、小僧」
ルドルフは宝刀を抜き放つ。
「この名刀『神風』で、お前を刻む!」
「は!やれるものならやってみろ!」
ボスは手にした大斧を振ると、周りから手下の鬼達が群がってきた。
ルドルフは燕のように敵の間を駆け抜ける。
そのたびに、手下の鬼達は、まるでかまいたちに切り裂かれたような傷を受け、倒れていく。
「グラグルガ、覚悟!」
ボス・グラグルガは大斧を振り上げ、振り下ろす。
ルドルフはそれをよけ、グラグルガの首に刀を突き立てようとしたときだった。
ブチャ、グチュ
ルドルフの体を、グラグルガの左腕が貫通した。
グラグルガは、ゆっくりと腕を引き抜くと、左手でルドルフの頭をつかみ、放り投げる。
「ハハ、ハハハ、ハーッハッハッハッハ!」
城の中を大きな笑い声がこだまする。
「一度俺を殺したものが、二度も殺されるものか!」
グラグルガは神風をつかみ、ルドルフの隣に投げ捨てた。
「宝刀とともに滅びるがいい!」
グラグルガは両手を上に上げ、呪文を唱える。
「死せ、滅べ、焼き尽くせ。地獄の業火よ、哀れな勇者に、永遠の苦しみを・・・・・・」
大きな黒い球体をルドルフに向かって投げる。
「『モンストルム・ラーヴァフルス』!!!」
ルドルフの上に巨大な黒い火炎柱が、川のようにルドルフを焼き尽くす。
「ハハハハハ、ハーハハハハハ!!!」
その時、一瞬にして『モンストルム・ラーヴァフルス』が霧のように消えた。
「なに!?」
眼を見開くと、前には二人の男と、一人の女が立っていた。
「回復は任せたぞ、フローネ」
「任せてよ!」
フローネと呼ばれた女は、呪文をつぶやき、ルドルフの傷口に杖を当てる。
すると、傷口が見る見るうちにふさがっていくではないか!
「う・・・・・うん?」
「あ、気づいた?」
ルドルフは起き上がって、自分の体に傷がないことに気づく。
「あれ・・・・・これ・・・・・?」
「私の魔法よ」
「あ・・・・・・フローネ!」
「もう、ちゃんと誘ってくれればよかったのに」
「まったく、一人で走りすぎだ」
「お前だけで勝てる相手じゃないのは知ってるだろ?」
大剣を背負っている男と、短刀を腰に差した男は口々に言う。
「ラル・・・・・・・スペンも!」
「さぁ、全員そろったことだ」
ラルと呼ばれた男は、背負った大剣を引き抜いて、床に差す。
「ヴィーフリ・リェーフ隊副隊長、ラル!」
スペンは、腰に差した短刀を両手に持ち、構える。
「同じく隊員、スペン!」
フローネは、長い杖を前に突き出す。
「同じくフローネ!」
ルドルフは立ち上がり、神風を天に突きつける。
「ヴィーフリ・リェーフ隊隊長、ルドルフ!」
「ヴィーフリ・リェーフ隊、見参!」
ヴィーフリ・リェーフ隊。それはありとあらゆる悪魔や妖怪、鬼などのモンスターを退治してきた、今では伝説の最強部隊である。
「なぜ、なぜお前達が!」
「この世にモンスター(えもの)がある限り、俺らはどこでも現れるっつの」
「しかもそれが、一度倒したものならなおさら、ね」
「封印じゃまずかったね」
「じゃ、はじめようぜ、皆!」
ルドルフ、ラル、スペンは武器を手にグラグルガに向かって走る。
「地に眠りし精霊よ、我らに力を。光に祝福を。悪に制裁を」
フローネは呪文を唱える。
「く、くそ!同じ手にはまってたまるか!」
グラグルガは後ろを向いて逃げ出した。
「へ、逃げようってか!そうはいかねえぜ!」
スペンは一気に速度を上げて、グルガルガに近づく。
「おらおらおら!もう追いついたぜ!」
「ぐ・・・・!」
「瞬きのスペンを侮ったらこまるな!」
スペンはグラグルガの後ろに回りこむ。
「切り裂け、風よ!きらめけ、牙よ!うなれ、龍帝よ!」
「な・・・・!」
「真・旋風空牙『龍羅傷翔閃』!!!」
スペンは風の龍のようにグルガルガの周りを飛び回る。
スペンが着地して、短剣を鞘に戻したとき、グラグルガの体中に、いくつもの傷が刻まれた。
「ぐ・・・・・・・は・・・・・・!」
「スペン、よくやった」
ラルは大剣を構え、神経を集中する。
「眠れる獅子よ、今その眠りを覚ませ。その鋭き牙で、敵を噛み砕け。猛けき心に眠る、永遠の業炎で、邪を塵に変えん!」
一瞬のうちに距離をつめ、大剣を振りかぶる。
「猛炎獣塵『極』!!!」
グラグルガの体をいくつもの炎が駆け巡る。
「うがあああ・・・・・・・!」
フローネは呪文詠唱を終え、杖を構える。
「『ウラーニア・オルカーン』!」
グラグルガの周りを巨大な竜巻が渦を巻く。
ルドルフは刀を構え、走りこむ。
「闇の鎖に縛られし、時の神の魂の骸よ」
グラグルガの体にいくつもの黒い鎖が巻きつく。
「光りなき永遠の屍よ。その命に時を刻もう!」
ルドルフはいくつもの光になってグラグルガの体を切り裂く。
「弐手金剛・・・・・・」
ルドルフは後ろに跳び、グラグルガの体を一筋の光となって貫く。
「羅刹斬!」
グラグルガの体に時という文字が刻まれる。
「うぐぁああああああ!俺が、この・・・・・・おれがあああああああ!!!!!」
グラグルガは黒い球体となって、消えた。
「終わったな」
「ああ」
「うん」
スペンとラルとフローネはつぶやき、武器をしまう。
「任務、達成・・・・だな」
ルドルフは刀を納め、満足そうにつぶやいた。
じ「長すぎだこのやろう!」

ジ「というわけでみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」



















もうちょっと詳しくかけたかもしれないけど時間がないんでかけません。じだそっす。
もう時間ないんでこれで。
物語書くのに二時間ぐらい費やしたぜ!ww
じゃノシ
    22:16 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

乙!な結果に早くもなってしまったぜ!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんっす」

ジ「今日、また紙面チャットしようと思ってたら」

じ「見事ばれました」

ジ「まぁ、あんま怒られませんでしたが」

じ「IえいちNくんには怒られました」

ジ「ま、今日は!ネタばっちりそろえてます」

じ「まずはクイズです」

お題Bお題A


ジ「画面の右をA、左をBとします」

じ「どう違うでしょうか!」

どう違うでしょう?

ジ「しんきんぐた~いむ」

じ「ずんちゃずんちゃずんちゃずんちゃ」

ジ「答えは」

じ「短歌の後!」

短歌タイムスタート
どーも。途中参加のじだそです。
このタイミングで短歌を入れるという画期的なアイディアを生み出したので使用しました。
今日のお題です。
水鏡
学校の通学路にある川です。
これがまた綺麗なんですよ。うん。
というわけで、これで一句。

やわらかな 風にゆらめく 水鏡                      
                     映えし光は 神の気まぐれ 

水鏡はみずかがみと読みます。
それと、もう一ついい写真がありましたんで、うp!
天使の翼雲

真ん中の雲。街灯がかぶってますが、天使の羽みたいでしょ?ww
名前は「天使の羽雲(てんしのはねくも)」
我ながらナイスショットでしたねwww
じゃ、今日はこれでノシ


    21:29 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

いまさらながら腕が片方ないことに気づいた戦士は敵陣に乗り込んで、見事、自軍に勝利をもたらしました。

ジ「こんばっぱー。ジダンどぇす」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日はうれしいことがありましたとも!」

じ「待ちに待ったあの品が!」

ジ「ついに届いたあいつの下に!」

じ「探すに探して見つけた場所は!」

ジ「彼がベースを買ったお店!」

じ「まさに灯台下暗し!」

ジ「お一つなんと八百円!」

じ「ここまでくれば分かるだろう!」

ジ「そう!」

ジ&じ「バンドスコアキターーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

じ「写真うpは後日で!」

ジ「取り忘れてました!」

じ「しかも眠いから記事は手短にします!」

ジ「なぜか!」

じ「今日は紙面チャットしてないからです!」

ジ「・・・・・・・そ、そろそろ疲れたな」

じ「・・・・・・・・あ、ああ。同じ事考えてた」

ジ「あ、それとアンケートとろうと思います」

じ「よし、ラストスパートだ」

ジ&じ「管理人のボイス聴きたい人、いますか?」

ジ「人生謳歌記録でも行われたあれです」

じ「やってほしいという方は、話してほしい内容、やり方、理由などをつけてコメントください」

ジ「やり方は絶対に書いてください。何せまだ初心者なもんで」

じ「じゃ、コメ待ってま~す」

ジ「それではこれにて」

ジ&じ「ばいにゅ~」
























やあみんな!いつも元気なじだそんです。
あー。やっちゃうのか~。ボイスブログ。
でもどうやりゃいいのかね?分からんねwww
つーわけでやり方とやってほしいこととかを添えてコメくださいな。
なるべくがんばります。延期になるかもしれませんががんばります。
突然やるかもしれないし、3000HITしたらやるかもしれない。
そこんところは神のみぞ知る!
んじゃノシ
    21:39 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

涼宮ハルヒの憂鬱の男キャラのキャラソンを歌えるようになったらいいかもしれない。

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「このブログが醜い見にくいといわれてしまいました」

じ「記事の書き方変えたら俺たち出番ないよな」

ジ「つーわけでこの形式を通そうと思います」

じ「みにくかったら、こう思ってください」

ジ「まっがーれ↓↓」

じ「あんま関係ないな」

ジ「じゃ、昨日のネタいってみよう!」

じ「昨日更新できなかったんで、いま書きます」


H:はい!はじまりました!チャット!
じ:うれしそうだな・・・・・。
H:うれしくないの?
じ:いや、気づかれない程度にやるから楽しいww
H:気づかれたら?
じ:乙でした~。てことでb
H乙でした~はあるけど、甲でした~ってあるのかな?
じ:乙はおつかれって意味だし、ないでしょ。
H:そっか~・・・・・・・・・・・・・・何か話題ない?
じ:うーむ。今日のブログのネタを考えるか。
H:ど~せ半分以上がこれでしょ~?
じ:う・・・・・・ま、まあ否定はしないがな。
H:う~ん・・・・でもこのままじゃ載ったって誰も見ないよな~・・・・
じ:記事の内容が濃くなるのがいいよな
H:う~ん・・・・なんかおもしろいこと・・・・・なんかおもしろいこと・・・・・・なんかおもしろいこ~と・・・・なん~かお~もしろいこ~と・・・・な~んかお~もしろいこ~と・・・・・・
じ:・・・・・・・ないな。
H:ん?なんか%の下に0がついて‰ってなってるぞ?
じ:‰が千なら‰の次?は万かな?
H:ところでなんで%って記号になったの?
じ:100を並び替えて010→%じゃね?
H:あ~俺が言おう・・・・じゃなくて書こうと思ってたのに~(泣)
じ:すまんすまんww推理しちゃったぜ。てかあってたの?
H:わかんない。その答えはブログを見ている君が知っている!!!
じ:知らないから聞いたんだろ!
H:いやいや・・・・・・もしこれがブログに出されたときに見ている人に・・・・・・ってこと。
じ:閲覧者にやさしいな
H:はあ~
はあ~~~~~~~~~~~~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













































ここまでスクロールした人、www乙www
じ:ちくしょう!ブログのネタにしてやるぞコノヤロー!!!
H:はっはっは~{この内容が分からない人は22日の続きを読むをクリック!!!(怒らないでください)}
じ:とことん閲覧者にやさしいな。
H:まあ俺が書いてるわけじゃないんだけど・・・・・ってか授業終わっちゃった~
というわけで

IエイチN ログアウト・・
じ:じゃノシ
じだそが退室しました。


























は:再び参上!!
ここまでスクロ-ルした人 www乙www

・・・やっぱり帰ります・・・
IエイチNログアウト
ジ「びっくりするほど記事の幅を取るな」

じ「すでにネタバレだな」

ジ「それは言うな!楽しみがなくなる!」

じ「楽しむな!ただのトラップだろ!」

ジ「いや、これはどんな兵法よりもすごいぞ」

じ「大げさだ!考えすぎだ!孔明の罠だ!」

ジ「てなわけでみなさん」

じ「ばいにゅ~」















なんやかんやでこんばっぱー。受話器の勇者じだそです。
今日の試合はぼろぼろでした。代償として友情もなくなりそうです。
そ、それだけは困る!
明日仲直りできたらいいな~とか思ってます。
六月になったら、いろいろあるでしょう!
ああ、もう五月病って言う言い訳は使えないんだな~。
使ったことないけどwwww
じゃノシ
    20:36 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

迷える狼どもは駅員にだまされる

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「試験終わりましたね」

じ「でもって今日は浅草いってきました」

ジ「写真うpしまくります」

店長

じ「おっと、これは管理人の友達の店長くんではないか」

ジ「ぎりぎり炎上しない程度の画像だな」

じ「いや、炎上しかけるぞ」

ジ「では次々!」

デジカメケース

じ「デジカメケース」

安政一分金

天保通宝

ジ「画像から判断してね」

影光

じ「変換ミスで気持ち悪いですが刀です。銘影光」

ジ「銘とは名前という意味です」

関羽殿

じ「気持ち悪いが、関羽です・・・・・・orz」

集合写真 鬼瓦にて

ジ「一緒に行動した仲間達と集合写真」

神輿

じ「神輿だそうです」

武者鎧

ジ「気持ち悪いけど、一応鎧」

羊雲

じ「羊雲です」

人・・・・?

ジ「人・・・・・・です」

じ「気になったら江戸東京博物館へGO!」

雷門

ジ「雷門です」

集合場所

じ「集合場所です」

ジ「これで全部です」

じ「変換ミスったんで、次からがんばります」

ジ「で、解散後に、上野駅まで歩くことにしました」

じ「駅員さんに聞いたら、でてから右にまっすぐだそうです」

ジ「で、いってみると」

じ「上野駅、なし!」

ジ「見事にだまされました」

じ「結局来た道を逆走」

ジ「またもとの駅に着いたので電車に乗って上野へ」

じ「駅員に気づかぬ振りをして大声で文句を言いました」

ジ「まぁ、それからなんやかんやでカラオケへ」

じ「その後一人途中退室」

ジ「さびしくなりつつ歌ってたら」

じ「ついに出ました」

ジ&じ「まっがーれ↓↓スペクタクルで91点!!!」

ジ「初90点台」

じ「うれしさのあまり叫びました」

ジ「喉死んでたのに」

じ「で。今に至りますと」

ジ「今日は充実したのかしてないのか」

じ「楽しかったって事で一件落着」

ジ「つーわけで、来月にまたタツッチとカラオケ行こうかな?」

じ「考えとこう!」

ジ「じゃ、みなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」




















バンドで第二ギターを確保しました。じだそです。
一緒にカラオケ行って遊んでましたww
りちゃあどとCagayake!GILS!をノリノリで歌いました。
ヤヴェwwリチャードうまいwww
足引っ張った感じがしましたがおkでした。
で、その後に90点台と。
まっがーれ大好きだわwww
ただ最後にまっがーれ言い忘れちゃったwww
締めがないできなかったぜ、締めがww
まぁ、明日は部活です。
がんばってきます。
じゃノシ
    19:56 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

まぁ、と、とりあえずは、いっとかなきゃと思って、さ・・・・・・。

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「じゃぁ、いきますか」

じ「そうだな」























ジ&じ「試験終了ーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

ジ「長い戦いだった」

じ「明日は楽しむぜ!」

ジ「江戸東京博物館へ行ってきます」

じ「その後浅草へ」

ジ「で、その後カラオケへ」

じ「今日は試験後のPCというわけで遊びまくります」

ジ「麻雀でもするかな」

じ「小説書けばいいんじゃね?」

ジ「ま、何をするかは管理人の勝手ですが」

じ「やりすぎは禁物だよ?」

ジ「分かってないだろうな」

じ「だめじゃん!」

ジ「ま、それなりの代償をえるだろうな」

じ「お前は恐ろしいことをさらっと言うな」

ジ「いまさら何を言うんだい」

じ「認めるな!せめて否定しろ!」

ジ「じゃ、今日もこれで」

じ「最近記事の内容が薄いんだが」

ジ「事故だ」

じ「嘘だ!」

ジ「それではみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」

















はい。試験終わってPCモード全開のじだそです。
明日はいっぱい写真撮ってきますんで。
それじゃ、試験結果は神のみぞ知る!
じゃ、そういうことでノシ
    19:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

HU☆ZA☆KE☆N☆NA

ジ「夜じゃなくてもこんばっぱー。ジダンです」

じ「最近好みの女の人がいないので悩んでいる管理人を慰めるのに苦労しているじだんです」

ジ「きっとそういう運命なんだよ」

じ「さらっといいたくないが、さらっとしかいえないよな」

ジ「ま、女だけが人生じゃないから」

じ「そうだよな!」

ジ「たださすがに未婚の変態めがねは気持ち悪いよな」

じ「いわゆるニー○とかヲ○クの部類に入るよな」

ジ「やっぱ恋しないとな!」

じ「青春しなきゃな!」

ジ「好みってモンが複雑だと無理だよな」

じ「例えばめっちゃロ○系でさらにメ○ド服が似合って、そして口調がどことなくけ○おん!のう○とか、そんな人いねえよ!みたいなのは絶対だめだよな」

ジ「しかも綾波○イとか惣流・○スカ・ラン○レーとか、明らかにアニメキャラみたいなのが好みって言う人も絶対にだめだな」

じ「ショ○タン好みとかもだめな気がするな」

ジ「さぁ!気を取り直して次いこう!」

じ「今日もテストでした!」

ジ「数学甲と英語でした!」

じ「ぜんぜんだめでした」

ジ「おそろしいくらいできなかったからな」

じ「勉強してなかったのばればれだよな」

ジ「とりあえず次の話題イコー!」

じ「明日は最後の試験です!」

ジ「気合入れていきます!」

じ「でも、その後部活」

ジ「いいことねえなチクショー!」

ジ「てことで皆さん」

ジ&じ「ばいにゅ~」























はい。不幸続きのじだそです。
金欠です。かねほしいです。
この歳でバイトか!?(んなあほな
どうやったら金が手に入るんでしょうね。ぜひとも知りたい。
じゃ、試験もあるんでこれでノシ
    18:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

好きな人が、できました。

ジ「朝でも昼でもこんばっぱー。ジダンです」

じ「題名はご察しのとおり、あれです」

ジ「耳をすませばのビデオケースの後ろに書いてある文字です」

じ「たしかそんなセリフはありませんでした」

ジ「最近うれしいなと思ったこと」

じ「リンクにもある、月詠」

ジ「そこの管理人さんが、以前紹介した短歌を気に入ってくれたそうです」

じ「管理人はその日とてもうれしそうな顔をしていました」

ジ「今もうれしそうです」

じ「・・・・・・ひかれるぞ?いろんな意味で」

ジ「PC禁止令によりただいま更新できていません」

じ「ここも一度そんなことが合ったようなないような・・・・・・」

ジ「あの時は一n(ry」

じ「まぁ、そんなわけで、また一つ短歌作ろうと思ってます」

ジ「で、定番のテーマ募集」

じ「どんなのでもいいです。あ、えっちぃのとかだめだよ?禁止だよ?」

ジ「まぁ、えっちぃのでどんな短歌ができるか楽しみだな」

じ「だから禁止だって!」

ジ「それじゃ、昨日書くはずだったネタ!」

じ「最近よくお邪魔してくれる、同じ学校の『IエイチN』くん(仮名)」

ジ「彼と自習の時のやり取り」

じ「※注:試験前最後の授業です」

ここから先は紙上のやり取り

IエイチN:○先ってパソコンってイメージないよねー
じ:何このチャット形式!?Newだな!
H:いや・・・まあ・・・昔からやってたんだけど・・・・・・一年のときも・・・
じ:そうだったのか!・・・・・・やってたっけ?
H:嘘(笑)ははは~ざまーみろ~
じ:嘘(笑)じゃねえだろ!だまされたじゃないか!コンチクショー(泣)
H:はいブログのネタできた~(笑)
じ:全世界の俺のファンが泣くわ!!
H:はい?、いや、(笑)むしろ喜ぶでしょ。
じ:意外と訪問者多いんだよ?・・・・・・たぶん(汗)
H:その訪問者は間違って入っちゃったんだよ。
  どっかの有名人のブログに似てたから。
じ:悲しいこというな!チャッ友さんとかランキングで知り合った人とかたくさんいるんだぞ!!!
H:へぇ~へぇ~へぇ~。3へぇ~
じ:感動うす!(汗)やさしさの欠片もないな。
H:ところでさ~理科Ⅱの問題集ってどっからどこまで?
じ:えっと、地学Ⅰは48~49、実力練成は宿題のハンイだったと思う
H:範囲くらい漢字で書けよ!!
じ:う、うるせえ!範囲だろ!ド忘れだよぅ!
H:はいブログのネタできた~(笑)(笑)
じ:もうとっくに決まってるってwww
H:あそっか~ さっき俺にだまされたことか~
じ:ちがうちがう。俺の作った技集ww
H:え、じゃあオレの話題なし?
じ:はじめにちょこっと紹介するかもwwww
H:ちょこっと?それってどんくらい?
じ:富士山の頂上から見た北海道くらい
H:=見えない=書かない=友達じゃない=うえ~ん(泣)
じ:冗談です。OTL じゃあ、大きく書くか?
H:いやまあ別に、今日あった出来事程度に・・・
じ:○○中学校史上初の○○、inH君がこのブログを毎日見ていr(ry
H:じゃあもうこれから見ない。
じ:嘘だよ!信じないで!迷惑にならない程度に書くから!
H:ど~~~~~~~~~~~~~~も
じ:長いわ!それにいやみったらしいなw
H:すいませんでし~~~~~~~~~~~~~~たorz
じ:OK。気にするな。そういや小説読んだ?ブログの。
H:あ~あれね。
じ:もうほとんど書けてないorz
H:へぇ~。
じ:む、無反応・・・・だと・・・・!!
H:うん。見てなかった。
じ:まあいいんだけどね。ただとある騎士団の名言集は覚えとけよ!大切だから。
H:あ~あれね。
じ:・・・・・・ホントに知ってる?
H:へぇ~。
じ:んじゃ、落ちるwwwノシ
H:うん。知らない。
じ:え!強制的に参加!?wwwww
H:ところでさ~あ~!!シャー芯折れた!!
じ:さすがオレw
H:自画自賛ですか?さすがジダン!!
じ:うるせぇうるせぇ!ネット上じゃいつもこんな感じだ!
H:ネット上じゃなくて、いつもでしょ?
じ:む、失礼な。これでも普段は自重してるぞ?
H:ところでさ~あ~!!!!!
じ:話題変えたー!で、何?
H:シャー芯が折れ・・・・・・・・・・・・てない。
じ:まぎらわしいわ!
H:芯が折れた。
じ:折れたんかい!
ジ「gdgdだな」

じ「俺らよりましさ」

ジ「紙三枚にわたる長い文章でした」

じ「暇人だな彼らは」

「こうしてえげつない管理人は常連客を増やすのでした」

じ「別にえげつなくねぇ!」

ジ「トーク形式のブログって少ないからね。希少だからね」

じ「少ないけど、別に希少じゃないぞ?美少女は希少種だが」

ジ「じゃ、今日はこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」




















題名についてあまり触れなかったじだそっす。
あ、別に触れてもいいけど、要するに地雷じゃないってことね。
男子校って、ホントに、恋がないや。
華が、華が、華がないんだよ!華が!
HA☆NA☆KU☆RE
まぁ、俺は女友達がいないがために人の彼女を奪おうとする某ブログの管理人とは違いますからw
さ、今日の試験のでき~。
理科Ⅱ:まぁ、よかったほうじゃない?

国語:うん、がんばったよ。

ぜんぜん結果わからねえwww死亡フラグビンビンじゃんwwww
まぁ、なにはともあれなんとかなるっしょ!wwww
じゃ、今日はこれで。
ノシ
    17:25 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

べっどふらいあうぇい

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「試験が明後日に迫りました」

じ「ピンチです」

ジ「ぜんぜんできる気がしません」

じ「仕方ない。一夜漬け使うか」

ジ「たぶん無理です」

じ「夢ないな!」

ジ「人生は事実と事実が折り重なってできたピラミッドだよ」

じ「先っぽへ行くほど小さくなるのか!」

ジ「寿命だね」

じ「さらっと言うなさらっと!」

ジ「昨日は風呂屋へ行く前に親父とファミコンハウスへ」

じ「テイルズ探してたらこんなの発見!」

初音ミク PSP版

ジ「なんだこりゃ?」

じ「初音ミクがどうたらこうたら」

ジ「いまいち意味が分からないんでスルー」

じ「一応その後ろにテイルズオブザワールド~レディアントマイソロジー2~を発見」

ジ「親父に安いよって言ったら試験の成績がよければ買ってくれるかも」

じ「うっしゃぁ!士気の上がる一言だ!」

ジ「3000HITしたときの予定」

じ「鵙&ツインみたいに一人でトークやるかもしれません」

ジ「・・・・・・さ、さみしい!」

じ「誰か一緒にやろうぜ」

ジ「つーわけでみなさん」

ジ&じ「ばいにゅ~」


















YA!皆!さびしくなかったかい?
人生に永遠の睡眠をお届けするじだそです。
いや~。テイルズが3000円だって。安いよね?たぶん。
俺の声を聞きたい人は、急いで3000HITさせるんだ!
(口コミ効果で広がるぜ、俺のブログ)
う~む。じゃあ、特に言うことないんでww
ノシ
    20:00 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

2000HIT!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「ついに2000HITです」

じ「このことを予測していたんです」

ジ「毎日十人以上、又はそれ以下の割合で、人が来てましたんで」

じ「そろそろかなって予測したら」

ジ「見事茄子男が踏んでくれました」

じ「コメのこせこのやろう!」

ジ「まあ、写真取ったからいいでしょう」

じ「なんにせよ2000HITしたわけです」

ジ&じ「やったーーーーーーーぁ!!!」

ジ「うれしいかぎりです」

じ「みなさんのおかげです」

ジ「ブログを始めた当初は、こんなにいくとは思ってなかったのに」

じ「地道に宣伝したら」

ジ「2000HITだって!」

じ「今度は3000目指してがんばります!」

ジ「それでは、今後のブログ亭 豆たまごに、ぜひ期待してください!」

じ「それでは皆さん」

ジ&じ「ばいにゅ~」

















はい。2000HITしたのにこの記事の薄さは何だよ!と思った方々。
まったくそのとおりでございます。じだそっす。
明日から少しブログを休止します。試験勉強しますんで。
出だしが大事ですからね。出だしが。
(とか言いながら明日また更新するんだろうよ)
試験の最終日には浅草いきますんで、なんかしらねたみつけてきます。
それでわノシ
    19:47 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

常に、何事においても観察を怠らない。これが必勝の術だよ。

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「明日報告できます」

じ「今日中に報告は難しいと思います」

ジ「でも、よかった」

じ「ホントだな」

ジ「さぁ、みなさん」

じ「分かった人はいるかな?」

ジ「明日のお楽しみですが」

じ「推理しましょう!」

ジ「キーワードは報告、踏む、コメント残してね、HIT、あと少し、です」

じ「結構大きいヒントです」

ジ「あと少しってのがポイント」

じ「増えつつあるので、明日にはすぎてるかもしれませんが」

ジ「そんじゃ、ホント書くことないんで」

じ「試験勉強やってないんであせってます」

ジ「じゃ、そーゆーことで」

ジ&じ「ばいにゅ~」


















刀って、かっけえよな。
斬れなくてもいい、刀がほしいです。
たかいんだよな~。二、三万するからな。
どーも。はっちゃけじだそんです。
学校でエア麻雀やってましたww
う~、試験勉強らしいことやってないwww
やらなくては!出だしが肝心だモンね。
つーわけでノシ
    18:55 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

あと少しで、届くんだ!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「眠いんで手短に」

じ「ネタ、なっしんぐぅ」

ジ「もうすぐテストだから、そろそろ勉強しなきゃいけないと思ってます」

じ「明後日くらいにいいことが起きる予感です」

ジ「あくまで予感ですが」

じ「この時点で気づいたらメッチャすごいです」

ジ「じゃ、きょうはこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」















眠い眠い眠い!
眠りは俺の幸せだ!
じだそっす。いつも元気なじだそっす。就寝をこよなく愛するじだそっす。
ぼーん・ふりーくすのOPをこよなく愛するじだそっす。
・・・・・・か、書くことナッシングorz
ほとんどの同じ学校のブログ仲間が書くことないっていってるよww
じゃ、おやすみ!www
    21:43 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

最近、学校の放送委員の選曲がよすぎるんだが

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日のお昼の放送で」

じ「テイルズ オブ シンフォニアのPS2版のOPが流れました」

ジ「題名は『そして僕にできること』です」

じ「感動しました」

ジ「ぜひ聞いてください、いや、聞きましょう」

じ「You tubeにあるんじゃないかな?」

ジ「最近聴いている曲は○ロゲーのOPだな」

じ「はまってます。初めてtrue my heartを聴いたとき級に感動したんです」

ジ「要するに女の人が歌ってます」

じ「あんま関係ありませんが」

ジ「エ○ゲーも馬鹿にできませんよ」

じ「アニソンと同じくらいいい曲ありますからね」

ジ「ゲームミュージックって意外といい曲多いからね」

じ「今日は何も起きなかった」

ジ「ぶっちゃけ最近訪問者が減っています」

じ「・・・・・・困った」

ジ「ジャンキーするか。ジャンキー」

じ「それでどうにかなるか分かりませんが」

ジ「がんばってやっていきます!」

じ「というわけで今日はここまで」

ジ&じ「ばいにゅ~」























オリジナルキャラは言わない主義だけど言いたくてうずうずしているじだそっす。
オリキャラいっぱいいるんよ。女もいるし男もいるし。
名前も一生懸命考えたんだよ。日本名も外国名も別世界名もあるんよ。
・・・・・・
かーーーーー!発表してーーーー!でもだめーーーーー!
最近こんな質問がありました。
『騎士団パワーって、なんじゃい?』
もちヒミツ!
言ったら俺死ぬんで。いや、まじまじ。
言わないって誓ったのに言ったら・・・・・・もう、流石に、ねえ。
つーわけでノシ(逃)
    19:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

神曲のパラダイス

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日、学校で面白いことがありました」

じ「お昼の放送のとき」

ジ「放送委員が言った、この言葉」

じ「『次は、桜高軽音楽部でDon't say lazyです』」

ジ&じ「けいおん!キターーーーーーー!!!」

じ「OP流しやがれこの野郎!」

ジ「それと、今日決定したこと」

じ「ギター習います!」

ジ「浦和に教室があるんで、りちゃあどと共に」

じ「フレンドレッスン?というものがあるんで」

ジ「ベースとギターを二つ一緒に習います」

じ「後は、弦交換だ」

ジ「近くに楽器ショップないか調べて見ます」

じ「あったら通うだけです」

ジ「あ、そうそう」

じ「明日から試験一週間前です」

ジ「更新途絶えると思うんで、ご了承ください」

じ「それでは、神曲紹介」

Dreht sich!
To the edge

ジ「全部○○ゲーなのは秘密」

じ「神曲なら何でもいいらしい」

ジ「んじゃ、今日はこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」
















どーも。PCが一時的にばぐったのでメッチャあせったじだそっす。
なんだかんだで今は回れ!(Dreht sich!)を聴いてます(題名ドイツ語だそうですww)。
二つとも神曲だよ。絶対神曲。
明日はOP流れるかな?かな?
ひそかに期待してたりwww
そんじゃ、今日はこれで。
ばいにゅ~ノシ
    20:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

大丈夫。簡単には殺さないから。・・・・・・じっくりいたぶって殺してあげる。だから、すぐ死んじゃだめだよ?

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日は」

じ「以前から予定していたとおり」

ジ&じ「熊谷遠征、だーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

ジ「いやいや、楽しかった」

じ「騎士団パワー全開だった」

ジ「とりあえず、りちゃあどと大宮に集合し、熊谷へ」

じ「管理人が遅刻しそうになったけど、快速を捕まえて間に合ったのはヒミツです」

ジ「とりあえず、荒川へ行くことに」

じ「アンプとスクイードかついで」

ジ「無事到着!」

じ「さて、やることがありません」

ジ「その足でゲーセンへ」

じ「・・・・・・がんばって歩いたのに」

ジ「途中のファミマで、管理人はラッキーサイダー、りちゃあどはなんか、ツインはホワイトウォーター、鵙はバナナラテを購入」

じ「バナナラテとホワイトウォーターは外れだったらしく」

ジ「バナナラテはバナナミルクを薄くしたの」

じ「ホワイトウォーターはカルピスを薄くした味だったらしいです」

ジ「そんな中、話題はカルピスへ」

じ「カルピス=CALPIS」

ジ「CA=カルシウム、L=?P=?I=?S=?」

じ「というわけで思考」

ジ「結果」

じ「CA=カルシウム、L I=リチウム、P=リン、S=硫黄」

ジ「い、意外と正しい気がするぞ!」

じ「んなわけあるか!」

ジ「ゲーセンでたっぷり涼んだ後」

ジ&じ「いよいよ鵙宅へ!」

じ「長々と歩いて十五分くらい」

ジ「着きました」

じ「かっけ!家、かっけ!」

ジ「写真は感動のあまり取ってませんでした」

じ「堂々と中へ」

ジ「TA☆TA☆MI☆キターーーーーーーー!」

じ「さっそく得物を取り出して練習!」

ジ「と、途中で昼ごはん」

じ「焼きそばでした」

ジ「みんなでむしゃむしゃ」

じ「と、その時!」

ジ「りちゃあどの体に異変が!」

じ「ずんちゃ、ずんちゃ、ずんちゃ、ずんちゃ」

ジ「おや、りちゃあどの様子が!?」

じ「ぴろぴろぴろぴーーーん!ぴかぴかーん!」

ジ「やったね!りちゃあどはりちゃあど☆改に進化したよ!」

じ「ぱーんぱーんぱーん!ぱぱぱぱんぱぱーん!」

ジ&じ「ってんなわけあるかーーーーーーい!!!」

ジ「りちゃあどが突然こういったんです」

じ「り『コ、コレ、カンスイハイッテマスカ?』」

ジ「鵙は、台所に向かって、こう叫びました」

じ「も『母上ー!これ、in かん水?』」

ジ&じ「も『母上ー!これ、in かん水?』」

ジ「本日の名言でした」

じ「これは、名言だ」

ジ「結局はいってました」

じ「りちゃあどはかん水アレルギーらしく、動物の毛アレルギーでもあったそうです」

ジ「つまり、ラーメンなどが食えないんです。そばやうどんはべつですが」

じ「ツイン曰く、『あー、人生の半分無駄にしたな』」

ジ「とまぁ、そんなこんなで昼食タイム終了」

じ「あ、その際に一枚。いい写真が」

アルミレックス&若武者

ジ「鵙宅で見つけたかあいいお人形さん。アルミレックス」

じ「さてさて、そんなこんなで練習再開」

ジ「りちゃあどにチューニングをしてもらった」

じ「その瞬間!」

ジ「六弦がパーーーーーーーーーーン」

じ「プッツリ切れましたとさ」

ジ「まぁ、あわてずに鵙から新しい弦を購入」

じ「そして、弦を交換!」

ジ「六弦目を引っ掛け、クルクルクルクル」

じ「そしたら!」

ジ「またまたパーーーーーーーーーン」

じ「六弦目全部切っちゃいました」

ジ「いま、スクイードは六弦がありません」

じ「そんなこんなで、集合写真撮影」

集合写真

ジ「見にくいですが、上から順にツイン、鵙、じだそ、りちゃあどです」

じ「そんで、帰宅後」

ジ「りちゃあどが、上の写真を面白く合成してくれました」

5月10日熊谷にて

じ「つ、ツイン切れてるし!」

ジ「もういちまい」

5月10日熊谷の変態集団より

じ「こwwwれwwwはwwwひwwwどwwwいwww」

ジ「とっても楽しい一日でした」

じ「でわでわこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」


















in かんすい!
どーも。騎士団パワー全開のじだそです。
今日は楽しかったです。
それと、報告。
ギター、習います。
いや、ホントwwwまじまじwww
もっと練習したいし、ちかくでありそうなんで。
ついでに、近くのギターショップも見つけ次第、通います。
弦も変えてもらいます。
とりま、今日は面白い日でしたwww
そんじゃノシ
    21:02 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

旅烏はイカをくわえてやってくる

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「昨日一昨日と更新が途絶えてすいませんでした」

じ「なんだかんだで忙しいなかで、ひたすら太ももの筋肉痛と戦っています」

ジ「今日、学校で茄子男からお土産をもらいました」

茄子男からのおみやげ

茄子男からのおみやげ 中身

じ「おいしくいただきました」

ジ「ミルキーな甘さでうまかったです」

じ「まだ四個ほど残ってますが」

ジ「今日、ついに、やっと、とうとう」

じ「BGMの名前が一つ分かりました」

ジ「なんのBGMかは言いませんが」

じ「とりあえず、聴いてみて下さいな」

To the edge

ジ「動画は重いからURLで」

じ「いい曲ですぜ」

ジ「またこのような形で曲紹介すると思いますんで」

じ「そんじゃ、今日はこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」


















どーも。ギターのコードチェンジが難しいのには困ったもんです。
俺の戦は俺以外には止められないじだそです(パクリ
今日ケータイの三国志大戦のサイトで、クイズ天下統一を全部クリアしたので兵隊さんの女バージョンをゲットしましたww
初の女兵ですよ!なんとなくうれしいwww
てか、最後のほうの敵は誰がでてくるかわかったから大好きなSR甘寧(カードは持ってない)で迎撃してやったぜb
そんじゃ、今日はこれで。
ばいにゅ~ノシ
    20:09 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

成功したら、たくさんの報酬が得られる。だが、失敗の代償も、大きいものになるぞ。・・・・・・・それでも、やるのか?

ジ「こんばっぱー。かみそりの嵐ことジダンです」

じ「こんばっぱー。今日はこどもの日ですね~。じだんです」

ジ「今日は試合でした」

じ「バドミントンの試合でした」

ジ「会場は上板橋です=池袋で乗り換えです」

じ「しかし、何を思ったか、管理人は、どうどうと板橋で降りました」

ジ「新板橋の駅へ行って、重大なことに気づく管理人」

じ「・・・・・・そうだ。上板橋は東武東上線だ」

ジ「急いで駅員さんなどに道を聞いて、下板橋の駅へ」

じ「十分前に集合場所に到着!」

ジ「大変でした」

じ「今日は団体戦なので、一回しか試合出てません」

ジ「ちなみにいつもダブルスですが、相方のアンディーがどっか日本の中をさまよっているので、仕方なくシングルスです」

じ「もちろんぼっこぼこにされました」

ジ「悔しいです」

じ「結局、五位決定戦にも負けたので」

ジ「罰ゲーム食らいました」

じ「なんか通路をカエル跳びで十往復」

ジ「しかも晒し」

じ「時折通る女子どもにことごとく笑われました」

ジ「・・・・・・やっぱ、女子が原因なんだよ。現代男子の三次元離れ」

じ「もうちょっとやさしさをもってもいいと思うんだ」

ジ「面食いが多いいのに関してはスルーしましょう」

じ「所詮そんなもんだな」

ジ「あんまり侮辱すると女性の愛読者方々が見に来てくれなくなってしまうので」

じ「それじゃあこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」


















勝手に殺すなよ。お前一人残して死ぬほど、軽い存在じゃねえよ。
さぁ、一気に片をつけさせてもらおうじゃないか!
どーも。騎士団パワー全開のじだそです。
カエル跳びつらかったwwひざがあひゃひゃひゃww
明日も試合です。
き、筋肉痛どう解除しようかしらww
つーわけでノシ
    19:48 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top

御茶ノ水+巣鴨=喉オワター

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日は御茶ノ水へ行ってお買い物を少しして、こんなものを発見」

じ「まずは水道橋の駅で発見したもの」

紅茶オレ

ジ「紅茶ラテです」

じ「・・・・・・ミルクティーって書かないのか?普通」

ジ「紙パックで百十円は高い気がします」

じ「そんで、今度は御茶ノ水内の自動販売機にて」

キットカット缶

ジ「キットカットが入ってます」

じ「普通売ってるのかね?」

ジ「今度も御茶ノ水内のとある場所」

じ「湯島聖堂という場所だそうです」

湯島聖堂

ジ「湯島天神じゃありません」

じ「御茶ノ水にもあったのか・・・・・・!」

ジ「ちなみに今日は管理人もりちゃあども自分の楽器を持ってきました」

じ「それを持ちながら、御茶ノ水を抜けて巣鴨のゲーセンへ」

ジ「サッカーのゲームをりちゃあどがやったらしょっぱなからきんきらのが出ました」

じ「もってなかったそうなので喜んでました」

ジ「後一枚でコンプリートだそうです」

じ「そしてそのまま財布にやさしいカラオケ館へ」

ジ「最終鬼畜歌って帰ってきましたとも!」

じ「そんじゃあ、これで」

ジ&じ「ばいにゅ~」




















上から下までらっだっだー。
ども。じだそっす。
今から風呂はいんなくちゃいけないので手短に。

今日は楽しかったよ!メッチャ楽しめたよ!

つーわけでwww
ノシ
    19:45 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

『人生ジャッジメンター 第三章~たくあん襲来!集え!免罪符の名の下に!~』ついに新章突入!彗星餓狼拳を習得した主人公・カルダロスの前に、再び現れた涼閃風牙『タ・クアン』。新大陸、アンダロクスを舞台に、新たな戦いが始まろうとしている!町で起きる怪奇現象、新たな仲間、そして、この大陸ではじまろうとしている、ある者の陰謀とは!?笑いあり、涙あり、恋ありロマンスあり戦いあり、なんでもありのハチャメチャファンタジーアニメ、ついに第三章突入!第一話『新大陸!』は、放送中止になるかも!みんな!応援してくれ!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「今日は十二時から一つ、宿題をつぶしました」

じ「これで残りは二つ」

ジ「明日は御茶ノ水へGO」

じ「明後日と明々後日は試合が入ってます」

ジ「まぁ、誰かから宿題借りるかな」

じ「ギターの練習がんばってますが」

ジ「そう簡単にうまくはいかないものです」

じ「気長に練習します」

ジ「明日は楽譜もらってくるんで、練習がはかどるはずです」

じ「それじゃあ、これで」

ジ&じ「ばいにゅ~」














題名を打ち込みながら『やべぇ、これ小説化できるかも』と、本気で思ったじだそです。
飽きっぽいからやめましょうね。
ぶっちゃけ、小説がんばったと思いますよ?俺的に。
ああ、恥ずかしい。少しずつでいいから書き続けるか。
それじゃ、今日はこれで(短っ!
ノシ
    18:51 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

これで決まりだぁああああ!!!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー。じだんです」

ジ「明日からG.W.です」

じ「今日は学校でした」

ジ「ちなみに明日は宿題をデリート」

じ「四日は御茶ノ水に遊びに行って」

ジ「五日、六日は試合です」

じ「それと、課題曲が決まりました」

ジ「なんと!」

じ「りちゃあどの大好きな」

ジ「コチラです!」

アジカン アフターダーク

じ「重くなるからURLで」

ジ「なかなかいい曲なのかな?」

じ「とりあえずこれでがんばります!」

ジ「最近気づいたんですが」

じ「りちゃあどがみるみるうまくなってる気がする」

ジ「じだそは悩んでいます」

じ「努力しなくちゃね」

ジ「それではこれで」

ジ&じ「ばいにゅ~」

















俺、リーダーの資格ねえわww
ども。最近浸っているじだそです。
PCは姉も占領するんです。どうせ腐ってますから、なんかアニメでも見てるんでしょうね。
あー。最近ホント嫌なことを言われ続けてる。無神経は実に困るね。
口が滑ってもいってほしくないことって、あるよね?
まぁ、べつに愚痴って解決しようとか言う意思はないわけじゃないけどさw
とまぁ、いろいろ困ってるじだそですた。
つーわけでノシ
    20:38 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

もう手段は選べないな。・・・・・・さっさと片をつけるぞ!

ジ「こんばっぱー。ジダンです」

じ「こんばっぱー!じだんです」

ジ「突然ですが、じだんは嫌われてます」

じ「いきなりなんだ貴様ぁーーーーー!」

ジ「彼が歩くとみんな飛ぶようにして逃げます」

じ「ええええ!?そんなこと一回もなかったよ!?」

ジ「鳩が」

じ「鳩かよ!紛らわしいわ!」

ジ「しかし、彼を見たら逃げてください」

じ「っ!?俺なんかした!?」

ジ「襲われます」

じ「まてまてまてまてまてぇ!」

ジ「嘘は言ってないぞ?」

じ「突然ですが~てないぞ?まで全部嘘だ!」

ジ「国語の答案か!」

じ「そこは突っ込むな!」

ジ「やれやれ。俺が突っ込むの極意を教えてやる」

じ「そのまえにボケを極めろ、ボケを」

ジ「突っ込みの極意、それは」

じ「それは?」

ジ「ボケた後にビシッと決める!」

じ「・・・・・・それ、ボケ?」

ジ「めっちゃ真剣に言ったんだが」

じ「くだらねえわ!しらけるぞ!」

ジ「俺のおばあちゃんは笑ったぞ!」

じ「苦笑いの間違いだ!」

ジ「いや、咳も交えるほど笑ってた」

じ「それはたまたまだ!咳と苦笑いが一緒になっただけだ!」

ジ「全米も笑ったぞ!鼻で」

じ「鼻かよ!馬鹿にされてんだろ!」

ジ「象も笑ったぞ!」

じ「そもそも象の笑いを見たことないわ!象のバ○ールか!」

ジ「インド人はびっくりしたぞ!」

じ「日本語でいったんだろ!通じるわけねえよ!」

ジ「・・・・・・ネタが尽きたな」

じ「えええ!話しふってそれですか!?突っ込ませるだけ突っ込ませてそれですか!?」

ジ「おっと、エマージェンシーが」

じ「あんたはデ○レンジャーか!」

ジ「何があっても会いにいく!地球の果てまで会いにいく!分かれた彼女に会いにいく!」

じ「ストーカーだ!たちの悪いストーカーだ!」

ジ「む、ストーカーじゃない。未練があるだけだ」

じ「あんたはどこの芸能人だ!」

ジ「実は、俺、二十五世紀から来たんだ」

じ「ジ、ジダえもん!?」

ジ「ちゃららちゃっちゃちゃー!『地球破壊爆弾』~!」

じ「なんかおもちゃみたいな最終兵器取り出したー!」

ジ「ポチッとな」

じ「押したー!何のためらいもなく押したー!」

ジ「それでは、ただいま入ったニュースです」

じ「さっそく被害が!?」

ジ「とある住宅街の一軒家が、突然の爆発で跡形もなく消え去りました。周囲に被害はないようです」

じ「誰んちだよ・・・・・・」

ジ「こちらがその、VTRです」

――――――――――――――――――――VTR再生中――――――――――――――――――――

じ「俺の家ぇええええええ!!!!!!!」

ジ「事故だよ」

じ「嘘だ!」

ジ「不幸な事故だって」

じ「謀ったな!謀ったな!」

ジ「明日から隅田川だ!」

じ「お前んちに居候してやる!」

ジ「俺も隅田川だぞ?」

じ「やっぱりあんただ!俺が家持ってるの嫉妬したんだ!」

ジ「それでは今日はこれで」

じ「おい!まだ終わってないぞ!」

ジ&じ「ばいにゅ~」














やる気と根気で世界を変える。世界に夢を。あなたに光を。幸せを絶望に帰るじだその提供でお送り中です。
今日はのんびりとけいおん!を見てました。
やっぱ第四話が一番だね!と、今でも思ってます。
ギターを本気でがんばろうと思いつつ、コードできねえよ!orzっと嘆いているわけですが・・・・・・。
急いで鵙っち&ツインに追いつかなくてはなりません!なにがなんでも!
理由はナッシングぅb
じゃ、そーいうわけでノシ
    19:38 | Trackback : 0 | Comment : 3 | Top
検索フォーム
ブロとも一覧
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
バロメーター
プロフィール

じだそ

Author:じだそ
亭主・じだそ

趣味・ゲーム、談話、麻雀

ドラム少し叩けてギターが少し弾ける
でも荒らしは叩けない

得意技・妄想

やっているオンラインゲーム・ブレイドクロニクル

三国志大戦3、指糸、SFCRをやっている
最近金欠でやってないけど…

来世でやりたいこと・剣と魔法の世界で活躍する

じだそ=厨二病である

最後に一言

好きな漢字は『究』です。

最新記事
最新コメント
リンク
NUCLEAR FUSION
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。